ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防

消防ヘリが地上と交信するカンパニーラジオとは

消防組織の航空隊「消防ヘリ」の無線はアナログ波を使用しています。エアーバンドで行われる管制機関との交信以外に、ヘリと地上の航空隊が通話する運行管理用の「カンパニーラジオ」がAMモードで割当てら[…続きを読む]

消防無線のデジタル化で逆にアナログ波が普及?

統制の取れたキビキビとした交信と緊迫感ある内容で、人気を博した消防&救急無線。2016年5月31日にアナログ波の使用期限を迎え、もうすぐ6年が経とうとしています。とはいえ、デジタル化したのは、[…続きを読む]

火災現場でアナログの消防無線が重宝される理由

「消防無線」は、2016年に150MHz帯アナログ波の使用期限が終了しました。260MHz帯のデジタル波に移行して、聞けない状態です。しかし、聞けなくなった消防無線は、災害現場の状況を消防本部[…続きを読む]

消防無線で東京消防庁だけ互換性ない方式の理由

2016年5月31日の夜に、アナログ波による交信を終えた東京消防庁の無線。以後、デジタル消防無線の運用に完全移行して、市販の受信機では通話内容を聞くことはできなくなりました。特筆すべきはデジタ[…続きを読む]

消防無線の署活系がデジタル化しない大きな理由

おもしろ無線の人気ジャンルだった「消防無線」は、2016年に150MHz帯アナログ波の使用期限が終了。260MHz帯のデジタル波に移行して、聞けない状態です。しかし、聞けなくなった消防無線は、[…続きを読む]

かつては誰でも聞くことができた消防無線の魅力

2016年5月31日をもって、150MHz帯の消防無線(140MHz帯の救急無線を含む)は、すべて270MHz帯のデジタル波へと移行。11年かけてデジタル化を完了した消防無線ですが、かつては誰[…続きを読む]



消防車両のドアに記されている英数字の意味は?

消防車両は「ウー」というサイレン音と「カンカン」という鐘の音で、出動した理由がわかるのはよく知られた話。「ウーカンカン」は火災出動で、「ウー」のみは救助などの火災以外の緊急出動、「カンカン」は[…続きを読む]

現場の隊員間の通話が聞ける消防無線の魅力とは

2016年5月31日をもって、150MHz帯の消防無線(140MHz帯の救急無線を含む)は、すべて270MHz帯のデジタル波へと移行。消防無線は11年かけてデジタル化を完了しました。ただし、ア[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに、それ[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「デジタル式盗[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの確率と見分け方を紹介しましょう。[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、LINEに既読がつかないのです。[…続きを読む]