ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

消防無線の署活系がデジタル化しない大きな理由

おもしろ無線の人気ジャンルだった「消防無線」は、2016年に150MHz帯アナログ波の使用期限が終了。260MHz帯のデジタル波に移行して、聞けない状態です。しかし、聞けなくなった消防無線は、災害現場の状況を消防本部に報告する市町村波。一方、消防無線の署活系はアナログ波のまま残されたのです。


消防無線の署活系がデジタル化しない大きな理由

アナログ波のまま残された消防無線

スリリングな交信と統制の取れたオペレートが、多くの受信マニアを魅了し続けた「消防無線」は、2016年5月31日をもってデジタル化しました。とはいえ、アナログ波のまま残された消防無線があります。

デジタル化したのは、消防本部と消防車・救急車との交信で用いられる市町村波や救急波。周波数も150MHz帯から260/270MHz帯に移行しました。

一方、アナログ波で残されたのは、災害現場で隊員同士が通話する署活系(署外活動波)です。466.3500~ 466.5500MHz(12.5kHzステップ)に17波の割当てがあり、出力は1Wとなっています。

消防無線デジタル化を機に割当て拡大

消防無線の署活系がアナログ波で残存したのには、大きな理由があります。デジタル無線機はアナログ機に比べて重くかさばるため、ただでさえ重装備の消防隊員の活動に制約が生じるなど、現場から不満の声が出ていました。

そこで、総務省は消防無線のデジタル化を機に人口30万人以上の都市に限定していた署活系の割当てを全国に拡大。各地の消防本部で署活系の配備が進んでいるのです。

近くで消防車のサイレンが聞こえてきたり、消防隊員や救急隊員が活動していれば署活系の受信のチャンス。例えば、東京消防庁の署活系は、消防署内での通信系の役割を果たしています。軽微な事案を消防署内で処理する「署隊本部運用」で使用されるので交信頻度が高いのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事