ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

マル暴刑事のファッションがコワモテになる理由

警視庁組織犯罪対策第4課はヤクザと対峙する通称・マル暴刑事のこと。組対4課は2003年に発足した組織犯罪対策部の中でも、広域暴力団対策に取り組みます。前身は刑事部捜査4課で、柔道や空手の有段者[…続きを読む]

警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」任務が大違い

警察の特殊部隊には「SIT」と「SAT」があります。刑事部に所属するのがSITで、警備部に所属するのがSAT。このため、その任務は大きく違っています。SITは人質の身の安全が重要ですが、SAT[…続きを読む]

警察用語で「じどり」「おみや」はどんな意味?

警察用語は、業務内容が市民のプライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いため、一般人があえて理解できないようにしたもの。無線や会話で警察用語を散りばめることで、秘匿性を高めているわけです。そこ[…続きを読む]

公安警察は耳にかけたPチャンイヤホンでわかる

警察組織の中でも格段に謎が多い部署といえば「公安警察」が思い浮かびます。泥棒や殺人事件などの捜査を行うのがいわゆる刑事警察なら、公安警察が担当するのは、国家の社会秩序を乱す恐れがある組織や団体[…続きを読む]

事件が起きたその時!警察広報担当はどう動く?

警察の広報担当は、秘匿性の高い警察組織で唯一、外向けの“窓口業務”を引き受けています。具体的には、防犯教室や未解決事件の情報提供の呼びかけなど犯罪抑止のためのPR活動と、マスコミを通じて事件の[…続きを読む]

公安警察が日常に潜むスパイを割り出す方法とは

2020年に東京オリンピックを控え、テロの脅威と向き合わなければならなくなった日本では公安警察、中でも外事課の強化が必要とされています。彼ら公安警察がテロや外国人犯罪に、どのように対峙している[…続きを読む]

警察の出世コースは捜査一課よりも警務部だった

警察の花形部署というと殺人や強盗といった強行犯を扱う「捜査一課」などをイメージしがち。しかし、実は配属希望ナンバーワンといっても過言ではない部署は「警務部」です。警務部は総務や広報、会計を担当[…続きを読む]

短機関銃まで装備している警察の特殊部隊とは?

警察の特殊部隊といえば「SIT」と「SAT」。SITの任務は人質救出と犯人逮捕ですが、SATはテロリストなどのプロの犯罪集団や犯罪組織を相手に立ち向かうことを任務としています。制服警察官が所持[…続きを読む]

クレーマーで警察に捕まる危険のあるNGワード

クレームは相手に不手際があるので、どうしても怒り心頭になりがち。しかし、いくら相手に非があるからといっても、感情の赴くままに過剰なクレームを続けている、時と場合によっては逮捕されることもあるの[…続きを読む]

警察のクレームは公安委員会と監査官室どちら?

警察官の職務執行についてのクレームは、制度としては公安委員会に申し出ることになります。しかし、実際にはあまり機能していないのが実状です。一方で、警察官の信用失墜行為に関する申し出を受け付けてい[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]