ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

警察の特殊部隊「SAT」の主力銃器は短機関銃

警察の特殊部隊には「SIT」と「SAT」があります。SITは各警察本部の刑事部に設けられた捜査一課の一部署。主な任務は人質救出と犯人逮捕です。一方、SITと1文字違いのSATの所属は機動隊と同[…続きを読む]

警察へのクレームは公安委員会でなく「監察室」

警察へのクレームは、制度上では公安委員会に申し出ることになっています。とはいえ、公安委員会へ申し出る警察へのクレームは、様式に定めはないものの文書で提出するのが基本。FAXやメールでは受理して[…続きを読む]

公安警察が日本で活動するスパイを割り出す方法

日本の警察組織の中で、一番ナゾが多い部署といえば公安警察でしょう。公安警察は世の中の秩序の維持が使命です。事件が発生する前に抑止するのが目的なので、事件が発生してから捜査を開始する刑事とは捜査[…続きを読む]

警察の特殊部隊の存在が明らかになった事件とは

ハイジャックや立てこもり事件において、日本政府は「人命尊重」を掲げて慎重な対応に終始する印象がありますが、警察による強行突入が敢行された事例も過去には少なくありません。そして、日本のハイジャッ[…続きを読む]

警察キャリアとノンキャリア格差はここまで違う

警察ドラマでよく登場するのが、若くして出世する「キャリア」と現場でたたき上げた「ノンキャリア」との確執。実際は、警察庁と本部の役割が異なるように、キャリアとノンキャリアの役割もまったくといって[…続きを読む]

警察が防犯カメラ映像から犯人を追うテクニック

いまや街中の至る所に防犯カメラがセットされています。さまざまな事件の解決で、防犯カメラの果たす役割は絶大です。元刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏に警察が防犯カメラ映像から犯人を追うテクニッ[…続きを読む]



警察組織は階級で地方公務員か国家公務員か違う

警察官というと、各都道府県警に所属しているため地方公務員と思われがちです。実は、警察官は階級によって国家公務員か地方公務員かが変わります。基本的には地方公務員ですが、警視正まで出世すると国家公[…続きを読む]

制帽や警察手帳ほか精巧な警察グッズ購入ガイド

警察官が身に付けている制服や各種装備品。そうしたアイテムは専門ショップでレプリカを購入できます。公衆の面前で、警察官と見間違わせるような制服や装備品を身につけるコスプレをすると軽犯罪法に触れる[…続きを読む]

給料がもらえる警察学校は警官人生が決まる場所

警察官は採用されればすぐに1人の警察官として認められます。しかし、そこからものすごく厳しい競争社会が始まるのです。そして、その最初のハードルとなるのが警察学校。しかも、この警察学校の成績や適性[…続きを読む]

警察が変死体から生前の顔を蘇らせる方法とは?

「胴体がなくとも首さえあれば何とかなるもの」と話すのは、元科学警察研究所の検死技官。死体がバラバラであった場合、警察がまず首を捜すのは頭蓋骨にこそ、最も重要な個人識別要素が詰まっているからです[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]