ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

警察が頭蓋骨から復顔する時の泣き所「耳と瞼」

身元不明者を判別する個人識別捜査。日本で身元不明の変死体は5万体を超えますが、科学警察研究所の検死技官たちにより、今日も地道な個人識別捜査が続けられています。そして、警察が頭蓋骨から復顔する時[…続きを読む]

警察キャリアとノンキャリアで違う出世スピード

警察官がほかの公務員や民間人と異なる点に「階級」の存在が挙げられます。これは、自衛官や海上保安官、消防士も同じで、素早い判断と厳格な命令が求められる職種において、上下関係や責任の所在を明確にす[…続きを読む]

警察が頭蓋骨から復顔像を作る驚きのテクニック

海や山、マンホールや用水路など、奇想天外な場所で唐突に見つかる死体。この肉や骨がいったい誰なのかを、発見された頭蓋骨から生前の顔貌を蘇らせることによって解決する個人識別のエキスパートが科学警察[…続きを読む]

警察が頭蓋骨から性別や年齢を割り出す方法とは

ときおり白骨死体や腐乱死体といった変死体事件に関するニュースを見かけます。このとき警察が頭蓋骨から性別や年齢を割り出すのはどういう方法なのでしょう。事件なのか事故なのかは、遺留品や付近に散乱す[…続きを読む]

警察がバラバラ死体で首を捜す理由は「復顔法」

死体発見における初動捜査の最大の関心事は、まず「この被害者はいったい誰なのか?」という一点に注がれます。発見された変死体が生前、顔にどんな肉と皮をつけ、誰であったのかという問題は極めて重大な問[…続きを読む]

速度違反の取り締まりは0と8の付く日

見通しのよい幹線道路や先が見えいくいカーブは、速度違反の取り締まりが盛んな場所。交通安全週間などにも取締りが集中的に行われます。そこで、速度違反の取り締まりがよく行われる時期や場所をまとめてみ[…続きを読む]

警察は防犯カメラの不鮮明なナンバーも判読可能

駅改札や繁華街など至る所に設置されている防犯カメラ。警察がさまざまな事件を解決する上でも防犯カメラの果たす役割は絶大です。警察の捜査に防犯カメラがどのような影響を及ぼしているのか、元刑事で犯罪[…続きを読む]

警察の特殊部隊「SAT」は短機関銃も装備する

国家機関の「特殊部隊」で軍事系が自衛隊なら、治安系は警察の「SAT」がよく知られています。SATは英語表記の「Special Assault Team」から「特殊急襲部隊」とも呼ばれます。また[…続きを読む]

警察の「交番・派出所・駐在所」では何が違う?

全国に約6千か所も設置されている「交番」は、市街地の各所に設けられた警察官の詰め所のこと。1994年までは「派出所」が交番の正式名称でした。現在も派出所という名称は残っていますが、通常の交番と[…続きを読む]

警察の元潜入捜査官が語る「たたき上げ」の現実

数々の事件を解決した手腕を買われ、日本警察初の潜入捜査官に任命された元大阪府警巡査部長の高橋功一氏。そんな高橋氏に「たたき上げ」の現実を聞きました。ノンキャリは警察学校からの赴任先でその後の人[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]