ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

警察学校は巡査として給料もらいながら通う場所

警察官になるためにはまず、都道府県の実施する採用試験をパスしなければなりません。警察官採用試験では運動能力をテストする体力測定もあります。とはいえ、一般的な運動能力があれば体力面を問題とされて[…続きを読む]

警察の特殊部隊「SIT」と「SAT」どっちが強い?

日本の警察が誇る特殊部隊が「SIT」と「SAT」です。SITとSATは混同されがちですが、その役割と目的は大きく異なります。SITは人質の身の安全が大前提ですが、SATはテロリストをはじめとす[…続きを読む]

交番の警察官がよく着ている「活動服」のお値段

街を巡回する警察官が、普通の制服より丈の短いジャンパーのような上着を着ている姿を見かけたことがあるはず。この警察官の制服は「活動服」と呼ばれるもので、屋外活動で制服の代わりに着てよいとされてい[…続きを読む]

警察エンブレムに「薔薇」が描かれた県警とは?

警察官の制服は冬服・合服・夏服のほか、活動服や防寒服などがありますが、そのほとんどに共通しているのが右腕に付けられている「エンブレム」です。実はこのエンブレム、各都道府県警で図柄が異なっている[…続きを読む]

警察のSPを見たらチェックすべきポイントとは

映画にもなった人気ドラマで、その存在が広く認知された「SP(エスピー)」。警察のSPとは、国内外のVIPの警護を担う「セキュリティポリス」の略です。常に要人のそばを離れない警察のSPは、身なり[…続きを読む]

アメリカで警察無線がスマホアプリで聞ける理由

警察無線はデジタル化されて聞くことができない無線。一般人が受信機などで聞くことはまず不可能です。ところが、海の向こうのアメリカでは事情が違い、誰でもスマホアプリひとつで全米50州すべての警察無[…続きを読む]



最新版!住民あたりの警察官が多い都道府県は?

全国で日々、働いている警察官の数は約26万人。東京都や神奈川県など人口の多い地域に当然多く配備されています。ところが、住民あたりでどれぐらい警察官がいるかという点に着目すると、必ずしも人口が多[…続きを読む]

警察用語の「現場」は読み方で意味が違っている

誰でも一度は憧れるのが刑事という職業。しかし、多くの人が抱くイメージの大半は、刑事ドラマによって作られたものであることが多いのも事実です。それもそのはず、多くの人は、実在する刑事に接する機会は[…続きを読む]

デジタル化された警察無線で事件発生を知る方法

警察活動の現場で使われる通信網、いわゆる警察無線には、主に都道府県内全域をカバーする「車載通信系」と、各警察署ごとの管内で使われる「署外活動系」があります。いずれもデジタル化されているので、通[…続きを読む]

警察用語「ごんべん・にんべん・さんずい」とは

警察の「隠語」である警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、市民のプライバシーに立ち入ることが多いので、会話に警察用語を散りばめることで秘匿性を高めているわけです。そこで、犯罪を表す警[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]