ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察

警察用語「にんべん・ごんべん」はどんな犯罪?

警察の「隠語」である警察用語は、その数がとても多いのが特徴。職務上、市民のプライバシーに立ち入らざるを得ないことが多いので、会話に警察用語を散りばめて秘匿性を高めているわけです。ここでは、犯罪[…続きを読む]

皇宮警察はパトカーや白バイも配備する独立組織

皇室の警備や護衛を担っているのが皇宮警察。国賓の警備にも当たるサイドカーなどを見かけたことがあるかもしれません。じつは皇宮警察は、所属する警察庁からも独立した存在。皇宮警察には白バイやパトカー[…続きを読む]

公安警察をデモなどの集会で見分ける目印とは?

警察組織で謎が多い部署といえば、警察ドラマでもおなじみの「公安警察」でしょう。泥棒や殺人事件などの捜査を行うのが刑事警察とすると、公安警察は国家の社会秩序を乱す恐れがある組織や団体を監視・調査[…続きを読む]

当直明けの演奏もある「警察広報」の仕事とは?

警察の広報担当は、秘匿性の高い警察組織で唯一、外向けの“窓口業務”を引き受けています。具体的には、防犯教室や未解決事件の情報提供の呼びかけなど犯罪抑止のためのPR活動と、マスコミを通じて事件の[…続きを読む]

警察の特殊部隊「SAT」には軍レベルの装備品

警察の特殊部隊として「SIT」と「SAT」がよく知られていますが、目的がまったく違っています。SITは犯人の身柄確保が優先ですが、SATは現場の危機的状況を狙撃などで排除することを大前提。拳銃[…続きを読む]

全国に3つしか存在しない水上警察署は場所は?

警察が守るのは陸上だけではありません。犯罪は船やボートを使って行われる場合もあります。水上での治安活動を任務とするのが「水上警察」。ただし「水上警察署」は全国に3つ。近年、警察署の再編によって[…続きを読む]



警察の特殊部隊「SAT」設立の契機となった事件

警察の特殊部隊「SIT」と1文字違いの「SAT」は、銃器を扱う部隊なので混同されがち。SITの任務は人質救出と犯人逮捕ですが、SATはテロリストなどのプロの犯罪集団や犯罪組織を相手に立ち向かう[…続きを読む]

公安警察のスパイ獲得工作は断れない状況を作る

泥棒や殺人事件の捜査を行うのがいわゆる刑事警察。一方の公安警察が担当するのは、国家の社会秩序を乱す恐れがある組織や団体の監視・調査です。公安警察官の多くは「泥棒や殺人犯を捕まえなくても国は滅び[…続きを読む]

不鮮明なナンバーも判読する警察の映像解析技術

防犯カメラは“監視される”という印象が強くありました。しかし、さまざまな事件解決に防犯カメラが役立ったというニュースが増えるにつれて、今は“犯罪抑止に効果がある”と変化しています。防犯カメラが[…続きを読む]

警察の科捜研で覚せい剤をどうやって鑑定する?

芸能人などによる覚せい剤に関連する事件が後を絶ちません。そんな中、報道でよく目にするのが警察によって覚せい剤が検出されたというもの。警察の科捜研による違法薬物分析力はどこまで正確なのでしょうか[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]