ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

IC-R6

盗聴器を高感度で受信「IC-R6」は低燃費設計

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字が記された数字キーが無いテンキーレスモデル。少ないボタンで良好な操作性を実現しています。さらには、盗聴[…続きを読む]

高性能でお手頃なエアーバンド入門機「IC-R6」

空港の撮影ポイントや航空祭の会場でマニアが使っているハンディ機を見てみると、現行モデルではアイコムの「IC-R6」を見かける機会が多く、前モデルの「IC-R5」(2002年発売)と合わせると絶[…続きを読む]

盗聴器も高感度で受信する「IC-R6」の魅力とは

2010年に発売されたアイコムの広帯域ハンディ受信機「IC-R6」は、周波数を打ち込む数字が記された数字キーが無いテンキーレスモデルにもかかわらず、少ないボタンで良好な操作性が魅力。さらには、[…続きを読む]

盗聴器も受信できる「IC-R6」カラバリの意味

使えば使うほど、考え抜かれた操作性に感心させられるのが、アイコムのハンディ受信機「IC-R6」(2010年発売)です。周波数を打ち込む数字が記されたテンキーの無いテンキーレスモデルなので、周波[…続きを読む]

航空無線ビギナーにおすすめの受信機はIC-R6

受信に必要な性能を極め、それ以外の部分を削ぎ落とした受信機がIC-R6。ビギナーが空港や基地祭で航空無線を受信したいのであれば、IC-R6があれば十分に事足りてしまいます。航空無線以外の受信を[…続きを読む]

エアーバンド受信機にIC-R6が人気のある理由

「猫も杓子も」と言うとちょっと表現は悪いのですが、航空祭に行くとかなりの人が持っているハンディ機で、エアーバンド受信機の代名詞ともいえるほどメジャーな存在になっているのが、アイコムの「IC-R[…続きを読む]



盗聴器も聞ける受信機IC-R6にカラバリが登場

おもしろ無線が受信できるテンキーレスのハンディ受信機「IC-R6」に、新たにカラーバリエーションが登場しました。もちろん、IC-R6は同クラスモデルの約2倍という回転速度を誇るスキャン・サーチ[…続きを読む]

IC-R6は総合性能が高くて航空際に向いている

F-15の機動飛行やブルーインパルスのアクロバット飛行など、聞きどころ満載のエアーバンドが1日中、聞こえてくる航空祭。基地内で使う受信機は、持ち運べるハンディ機になります。なかでも、IC-R6[…続きを読む]

IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち

アイコムのテンキーレス受信機「IC-R6」はユーザー評価の高いハンディ受信機として知られています。ユーザーが受信機に求める基本性能は、受信感度、電池の持続性、スキャンやサーチの速さです。この3[…続きを読む]

アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン

アイコムのテンキーレス受信機の歴史は1998年の「IC-R2」からスタート。2002年の「IC-R5」と続き、2010年に「IC-R6」へと進化してきました。IC-R6はテンキーレスながら俊足[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]