ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

取説が分かりやすくなった「IC-R6」の欠点とは

これから受信を楽しもうという人向けのハンディ機で、入門機ベストバイはアイコムの「IC-R6」でしょう。最大の理由は感度が高く、広帯域で安定していること。受信機の基本である“聞く”ことが、誰にでも簡単にできるからです。取扱説明書がビギナー向けに再編集された「IC-R6」の魅力について詳しく見ていきましょう。


取説が分かりやすくなった「IC-R6」の欠点とは

IC-R6は高感度を安定的にマークする

高感度な受信機は他にもありますが、それは特定の周波数帯に限られる場合が多く、IC-R6はおもしろ無線が存在する30~1000MHzにわたって、高感度を安定的にマークします。そのフラットな感度特性から、受信感度を比較する際の基準になるほどです。

その高感度を活かすのが電波を探し出す機能、スキャンとサーチ速度の速さ。メモリーした周波数群(バンク)の中から探し出すスキャンは毎秒53チャンネルと、ライバル機を1秒で周回遅れにしてしまうほどのハイスピードです。

最新機種の毎秒100チャンネルには及びませんが、十分過ぎるほどの速さでしょう。指定した周波数の範囲(バンド)内を電波が見つかるまで回り続けるサーチは、毎秒100チャンネルと圧倒的。上位機種に迫ります。それでいて実勢価格は19,800円と、2万円を切るのです。

IC-R6は短押しと長押しを使い分ける

これだけの性能をマークしながら、単3形乾電池×2本で27時間連続サーチをする良好な燃費性能は、日々の持ち歩きにも適しています。自宅では、コンセントに挿して使う付属のAC電源アダプタを使えば、ランニングコストも抑えられます。

IC-R6は、数字ボタンが無いテンキーレスモデル。周波数の入力には手間がかかりますが、スキャン&サーチの開始、バンクの変更といった基本的な操作は、ボタンを一瞬だけ押す「短押し」と1秒程度押し続ける「長押し」の使い分けで対応。最初は理解しにくい操作方法ですが、不思議と指が慣れてきます。

受信機としての基本性能にスキの無いIC-R6ですが、唯一の欠点はディスプレイの表現力の乏しさ。縦・横・ナナメの棒の組み合わせで、数字やアルファベットを表示するセグメント方式なので、数字はともかくアルファベット6文字で表記される各種設定の略語が難解です。


IC-R6の取説はビギナー向けに再編集

このIC-R6のディスプレイの表現力の乏しさは、ビギナーがつまずく部分でしょう。最初から取扱説明書を熟読する必要はないので、常に持ち歩くか、アイコムのWebサイトから取扱説明書をスマホにダウンロードしておくのが賢い選択です。

IC-R6の取扱説明書について、SNSなどで語られることはほとんどないのですが、ビギナー向けに再編集されています。発売当初の取扱説明書は、アマチュア無線機の取扱説明書のように、無線用語を知っていて当然という雰囲気で書かれていました。

このため、ビギナーには何の説明なのか、どこを見ればいいのかさえ分からなかったのです。これが大きく変わり、ビギナーにも理解しやすいようになっています。こんなところも入門機ベストバイにIC-R6が選ばれた理由です。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事