ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴発見モードを装備した受信機DJ-X81の魅力

受信機能を満載した入門用テンキーモデルのハンディ受信機が「DJ-X81」です。簡易盗聴器発見モードも装備しているほか、音声反転式秘話の解読機能を搭載。さらには、ワンセグ音声の受信にも対応しています。特殊な機能を満載したハンディ受信機DJ-X81の魅力を解説しましょう。


スポンサーリンク
盗聴発見モードを装備した受信機DJ-X81の魅力

ハンディ受信機でテレビ音声を聞く

テレビ放送の地デジ化によって、ハンディ受信機でテレビの音声を聞くことはできなくなりました。2011年までのアナログ時代は当たり前にできたことも、いざ聞けなくなると困るもので、その要望に応えた唯一のハンディ受信機が、アルインコの「DJ-X81」なのです。

さらにFMラジオ放送帯で発射される緊急警報放送や緊急地震速報に反応して自動起動し、警報音やラジオを流す機能を搭載しています。

DJ-X81はアルインコの意欲作で、他機にはない機能があります。船舶無線の国際VHFを快適に受信できる機能です。交信が終わって一定時間(5秒~10分間で10段階)が経過すると呼び出しチャンネルの16chに自動で戻るユニークな機能です。

メモリーは1,000チャンネルありますが、これとは別にクイックメモリーバンクに200チャンネルが用意されています。これはスキャンやサーチで見つけた周波数を即座に登録していく機能。このバンクは通常のバンクとリンクスキャンできるので、“現場”での受信活動に威力を発揮します。

ハンディ受信機に盗聴器発見モード

また、特定小電力無線や消防無線の署活系に使われる、音声反転式秘話の解読機能を搭載。コードレスホン受信が大ブームだった1990年代は、社外品の解読ユニットがたくさん売られていましたが、今は皆無。これが無いと交信内容は全く分からないので貴重な存在です。

この他にも、現在の受信機に必要とされる機能はすべて搭載。簡易盗聴器発見モードも装備しています。テンキーの装備で操作性も良好。ディスプレイは大きくて見やすいので、ビギナーにも安心して使えます。

感度はムラがあり、やや控えめに感じる部分があります。これはベースモデルの「DJ-X8」(2006年発売)が混変調に弱かったため、感度を落としているのでしょう。その分を20cmを超える付属アンテナで補っているので、受信感触は平均的なレベルに収まっています。

受信機としての基本性能に飛び抜けたところはありませんが、DJ-X81は特殊な機能を満載したハンディ受信機です。最後のアナログ機として注目して見ると、その良さが分かるでしょう。実勢価格は28,000円です。

■「盗聴発見」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器が発見される場所を知っていて損はない
盗聴器発見のプロが語るアナログ盗聴の現在
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器の見つけ方!大型トラックで場所を特定

■「盗聴器」おすすめ記事
非合法な盗聴器の音声から聞こえてくる内容は?
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器の周波数はUHF帯の3波をスキャンする
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器の調査はテレビをつけて時報を流してから

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事