ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台

中華モデルの安物攻勢の追撃を前に、一時は業績を落としていたアクションカメラの先駆者「GoPro」。しかし、HERO5やHERO6と高性能なモデルを投入することで最強アクションカメラの立場を明確化。業務用途であればGoPro一択となっています。そんなGoProの廉価版なら「ThiEYE」で決まりです。


スポンサーリンク
アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台

趣味用途なら中華アクションカメラ

絶対王者はGoProですが、趣味用途なら半額以下で購入できる中華アクションカメラという選択肢もあるでしょう。現在、中華モデルはハイエンド機が2万円台後半から3万円台に高騰中。それならばもうちょっと頑張ってGoProを購入すべきです。

その意味でアクションカメラの中華モデルの狙い目は、15,000円前後のミドルクラス。中でも、ThiEYEの「T5e」は高コストパフォーマンスの優秀モデルです。中華アクションカメラの中では、低価格の割に圧倒的な画質を実現しています。

ThiEYEは国内流通が弱く、GearBestなどの海外通販などが主な販路。最近では1万円代後半とやや高価ながら、国内輸入業者により入手が容易となってきました。

ThiEYEの動画解像度は3840×2160ドット(30fps/MP4形式)、液晶画面は2インチのディスプレイです。電源は内蔵充電池。サイズ/重さは40W×30H×60Dmm/58gとなっています。

中華アクションカメラのライバル機

一方の本家GoProのHERO6は、本体防水やタッチパネルなどを実現したHERO5の基本性能をさらに向上させたフラッグシップモデル。4K/60fps(HEVC)をはじめ、強力な手ブレ補正機能など、まさに他機種を寄せ付けないスペックです。現在の実勢価格は4万円前後と落ち着いてきたので、後継機種がそろそろか出るかもしれません。

HERO6の動画解像度は4096×2160ドット(60fps/MP4形式)、液晶画面は2インチのタッチパネル式ディスプレイです。電源はリチウムイオン充電池。サイズ/重さは62W×32H×44.5Dmm/117gとなっています。

アクションカメラはSoC(システムオンチップ)とセンサーの型番で、ある程度の性能の目安がつきます。中華アクションカメラのT5eが採用するSoCは「Ambarella A12LS75」で、HERO5で採用していた「Ambarella A9SE7」に近い性能。スペック的には、HERO5のライバル機といっても過言ではありません。

ちなみに、HERO6のSoCはAmbarella製ではなく、旧富士通系ソシオネクストとGoProの共同設計の「GoPro GP1」となっています。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事