ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

千円ちょい激安アクションカムの驚愕の性能とは

Amazonでは、ドライブレコーダーやアクションカムなどが驚安で販売されています。例えばドラレコが999円、アクションカムが1,210円など。自転車事故が社会問題となる中、充電式アクションカムは自転車用ドラレコにもなりそうです。そこで、実際に激安アクションカムを入手してその性能をチェックしてみました。


スポンサーリンク
千円ちょい激安アクションカムの驚愕の性能とは

激安アクションカムは作りに甘さ

アクションカムの本家「GoPro」は、本体が水深10mの防水性能やGPS内蔵など高性能なものの、数万円と高価なのがネック。一方、Amazonでは5,000円以下の中華アクションカムが山のように売られています。

今回購入した激安アクションカムは、1,000円ちょっとの製品なのに防水ケース(水面下60m対応?)や自転車取り付け用グリップなどアクセサリーは10点ほどと非常に豊富。サイズは他の中華アクションカムと全く同じで、液晶ディスプレイも付属しています。

とはいえ細部をよく見ると、さすがにボディの作りは甘さが目立ちます。電池カバーの開閉がきっちり閉まらなかったり、microSDカードスロットがガタつくなど、耐久性は期待できそうにありません。

激安アクションカムの驚愕の解像度

そして、激安アクションカムで驚愕だったのは動画解像度。「1080p」とあるのに、実際は640×480ドットの解像度しかなく、選択肢にあるフルHDモードは選べません。

また、アスペクト比4:3の撮影画像は「140度」「超広角レンズ」とあるものの、せいぜい100度ぐらいの広角でドラレコ代わりに使うには力不足。約4,000円のAPEMANのアクションカム「A66」(170度)と比較すると、遠く及ばないのは明らかです。

また、900mAhの充電式リチウムイオンバッテリーにより「1080p@30fpsモードで約90分の連続撮影が可能」とあるものの、激安アクションカムはフル充電でも20分も持たないという有様。1,210円でアクセサリーを買ったと思えば、本体まで付いてきてお得と考えられなくもないでしょう。

■「アクションカム」おすすめ記事
アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台
中華アクションカメラと「GoPro」の性能を比較
SJCAMは数あるGoProコピーの中では屈指の性能
1万円で買える中華GoProはどれを選ぶべきか?

■「VR」おすすめ記事
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事