ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

HDMI裏レコーダーの隠しコマンドは何のため?

「HDMI裏レコーダー」とはHDMI入力を備え、単体でHDCPのプロテクトを回避し動画を保存できるレコーダーの総称。ただし、メーカーはあくまで「業務用レコーダー」として販売しています。あくまでHDMI裏レコーダーでダビングを行うえるのは、隠しコマンドで動作するテストモードという仕様にしているからです。


HDMI裏レコーダーの隠しコマンドは何のため?

HDMIで採用されているHDCPとは?

BDレコーダーやゲーム機をはじめ、テレビにつながる機器の大半がHDMIになっています。HDMIは1本のケーブルで手軽に高音質・高画質が得られるものの、基本的には出力専用の端子であることがポイントです。

例えば、家庭用BDレコーダーにはHDMI出力端子はあってもHDMI入力端子は非搭載。仮にHDMI入力端子があっても、HDCPなどのプロテクトで利用できません。

HDCPとは、HDMIで採用されているコピー防止技術のこと。映像再生機器とディスプレイやレコーダーなどとの間で送受信される映像や音声のデジタル信号を暗号化する規格です。信号を送受信する両方がHDCPに対応している必要があります。

一方で、BDレコーダーに録画した地デジやBS/CS放送の番組は、無料放送は「ダビング10(コピー9回、ムーブ1回)」、有料放送は「コピーワンス」というコピー制限がかけられています。規定回数ダビングすると元のHDDから消えてしまうのです。

HDMI裏レコーダーの隠しコマンド

そこで、一部のマニアの間で利用されているのが、録画した番組を再生して「HDMI裏レコーダー」で外付けHDDに動画ファイルとして保存するというダビング手法。BDレコーダー上では再生しているだけなので、コピー回数が消費されません。

ただし、メーカーサイドはあくまで、特殊な編集機能のある業務用レコーダーとして販売しています。HDCPを回避するのは隠しコマンドで動作する「テストモード」扱いで自主規制しているのです。

HDMI裏レコーダーはデジタル化用の編集機器としても利用可能。多くがコンポジット入力端子やS端子を装備しているため、ビデオデッキで再生したVHSのアナログ映像も、HDMI裏レコーダーでデジタル化して外付けHDDにアーカイブできるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事