ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

まさかの新製品でブームが再燃する「CB無線」とは

1961年に制度化され、既に50年以上の歴史を誇る、“元祖ライセンスフリー無線”といえるのが市民ラジオ(Citizens Band Radio、CB無線)です。CB無線は27MHz帯に8チャンネル割当てられており、出力は0.5W。アンテナは2m以下で、交換はできません。CB無線について詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
まさかの新製品でブームが再燃する「CB無線」とは

中高生を中心にCB無線ブームが到来

1970年代後半~1980年代後半にかけて、日本では中高生を中心にCB無線ブームが到来。ソニーやパナソニックといった大手家電メーカーからも多くのCB無線機が発売され、アマチュア無線ショップをはじめ、百貨店などでも販売されていました。

かつては、電波監理局(当時)に無線局の開局申請をして無線局免許状の交付を受ける必要があり、開局申請をすることで自分だけのコールサインが発給されたのです。

この免許制度は1983年に廃止されたのですが、現在も当時のコールサイン書式に習い、地名+欧文+数字(例:チヨダRL30)の形式で交信するのが、フリラー(ライセンスフリー無線愛好者)の間では伝統として引き継がれています。

免許制が廃止されたことで、気軽にCB無線を運用できるようになりました。これでより一層の人気が出るかと思いきや、さまざまな事情によりブームは沈静化していきます。

約20年ぶりにCB無線の“新製品”

そんな中、2000年代になると、1度離れたベテラン世代を中心に、CB無線を再び運用する局がジワジワと増加。イッキにブーム再燃!…かと思いきや、そう簡単ではありません。

2005年、無線設備規則の一部改正により、旧技術基準適合証明を受けたCB無線の無線局は、2022年11月30日に使用できなくなることになりました。さらに、唯一生産し続けていたソニー「ICB-87R」も2006年に製造終了に。再ブームを阻むかのように、CB無線を取り巻く環境はなかなか厳しいものでした。

しかし、フリラーはその困難にも立ち向かいます。有志が既成品を改良、または基板から新設計し、新スプリアス基準を満たすCB無線を製作。バンド防衛を目指すようになったのです。

そして2016年、約20年ぶりに“新製品”となる「SR-01」が、静岡の計測機器メーカー・サイエンテックスより発売。その後、同社のエンジニアが独立して設立されたメーカー・ポラリスプレシジョンより「Blackbird」がリリースされ、さらには兵庫の西無線研究所もハンディ型「NTS111」の開発をスタートするなど、ホットな話題が続きます。2019年もCB無線の勢いは止まりません。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事