ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

1万円前後の中華アクションカムの買いはどれ?

アクションカムは「GoPro HERO7」が突出した性能を誇り、「Osmo Action」という強力なライバル機が登場する中で、中華アクションカムは価格的なメリットこそ大きいながらも、ここ2年ほどは技術的に大きな進化は無い状況です。そんな中でも、1万円前後の中華アクションカムおすすめ3モデルを紹介しましょう。


1万円前後の中華アクションカムの買いはどれ?


商品名に4Kをうたう中華アクションカム

アクションカムの流れとしては、4Kネイティブ(30fps)やEIS(電子手振れ補正)機能がトレンドで、SJCAMなど一部の高級機種はGoProのようにタッチパネルを採用したものもあります。とはいえ、タッチパネル採用機種は2万円以上の価格帯が多いため、GoProとの差別化という意味ではメリットが少ないでしょう。

アクションカムの性能の根幹であるSoCでは、1万円前後の価格帯からHiSilicon製Hi3559やiCatch Technology製V50などが加わって、4K/30fpsやEIS機能を全面に押し出した製品が増えています。

従来からのSoC搭載の中華アクションカムでも商品名に4Kをうたったものが多くありますが、安価の割に高性能だった「Novatek96660」でも、4Kは引き延ばしで24fps、明確に見劣りする「AllWinnerV3」に至っては偽装4K/15~24fpsと、4Kネイティブ世代と比べると失笑レベルのスペックです。

相変わらず価格帯で概ねの性能が類推できる状況は変わりませんが、安心高性能だと思われているAmbarella製SoC搭載機種でも、EIS全振りで画質が酷い機種もあるので要確認です。


中華アクションカムを使い潰していく

当然ながらSoCやセンサーなどの基本性能が劇的に向上していない中でEISを売りにするということは、画角の減少=引き伸ばし画質、といった弊害が目立ち、GoPro7などと比べると映像品質が格段に落てしまいます。

1万円以下クラスの中華アクションカムでは、最も使い勝手の良い1080pでも、EISではGoPro7などと比較してしまうと、やや厳しい画質です。

とはいえ、アクションカムはその性質上、厳しい使用環境下が想定されるため、GoProの半額~1/4程度の中華アクションカムを使い潰していくのは、ある意味正しい使い方といえるでしょう。「安いからぶっ壊しても構わない」という安心感こそ、極限に迫った迫力ある映像に必要な要素かもしれません。

また、手振れ補正が必要でもジンバルなどが使用可能であれば、EISをオフにできるため、GoProなどとの画質の差異は縮まります。1万円クラスでも互角くらいには戦えるので、中華アクションカムとはいえ引け目を感じる必要は全くありません。


1万円クラスの中華アクションカム

1万円前後の中華アクションカムでおすすめは、2018年末頃に登場したAPEMAN
のフラッグシップモデル「APEMAN Trawo(A100)」。4K/30fpsの動画撮影に対応し、手振れ補正機能も搭載。タイムラプスやスローモーションといった一般的な撮影モードをカバーします。実勢価格は9,980円です。

「MUSON Pro3(4K EIS)」は、手振れ補正を売りにした1万円以下の中華アクションカム。4K/30fpsの高画質撮影に対応し、30m防水、170度の広角レンズ搭載。見た目のスペック的にはなかなか優秀といえます。実勢価格は8,090円です。

「Yi 4K」は、ソニーのイメージセンサー搭載の4K/30fpsモデル。価格は1万円を超えますが、タッチスクリーン採用など流行りの仕様を取り入れ画質も価格相応といえるでしょう。実勢価格は15,499円です。

■「アクションカム」おすすめ記事
アクションカメラ「GoPro」廉価版ならこの1台
中華アクションカメラと「GoPro」の性能を比較
SJCAMは数あるGoProコピーの中では屈指の性能
1万円で買える中華GoProはどれを選ぶべきか?

■「VR」おすすめ記事
VRとは360度フレームをなくして脳を騙す映像
1,000円台から購入できるおすすめVRゴーグル
VRゴーグルの自作は100均のルーペを流用する

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

  • Amazonが販売するIPカメラはアプリが使いやすい
    Amazonが販売するIPカメラはアプリが使いやすい
  • 進化を続ける中華エミュレータおすすめ最新機種
    進化を続ける中華エミュレータおすすめ最新機種
  • マキタの半額で買える中華電動ドリルの性能は?
    マキタの半額で買える中華電動ドリルの性能は?
  • GoProと中華アクションカムの夜間撮影の差は?
    GoProと中華アクションカムの夜間撮影の差は?

  • オススメ記事

    逮捕者も出た「モザイク破壊」とはどんな技術?

    2021年10月、ついに「モザイク破壊」に関する事件で逮捕者が出ました。京都府警サイバー犯罪対策課と右京署は、人工知能(AI)技術を悪用してアダルト動画(AV)のモザイクを除去したように改変し[…続きを読む]

    LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

    圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEの会話は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、探偵がLINEの会話を盗み見する盗聴&盗撮テクニックを見ていくと[…続きを読む]

    盗聴はアプリを入れればできる

    盗聴器といえば、自宅や会社など目的の場所に直接仕掛ける電波式盗聴器が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した「盗聴器アプリ」が急増して[…続きを読む]

    チョコボールのエンゼルを見分ける方法

    おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボール銀のエンゼルの当たり確率と見分け方を紹介しまし[…続きを読む]

    空き巣被害に遭いやすい住宅の特徴と正しい防犯対策

    窃盗事件の大半を占めているのが「空き巣」。しかも、空き巣被害の半分以上は住宅が狙われたものです。アナタの家も知らぬ間に泥棒たちに目を付けられている空き巣被害の予備軍かもしれません。空き巣被害に[…続きを読む]




    目次