ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

インスタに広告を出してフォロワーを集めた結果

インスタグラム・ツイッター・Facebookには、個人で出稿できる広告システムが備わっています。広告を出すことで、普段の投稿ではリーチできないユーザーに自分のアカウントをPRできるのです。広告の表示は、年齢・性別・趣味嗜好などでターゲティングも可能。実際にインスタに広告を出してフォロワーを集めてみました。


インスタに広告を出してフォロワーを集めた結果

インスタグラムに広告を出す手順

SNS広告は、スマホからの設定が可能で、個人でも手軽に出稿できるのが魅力。基本的にはクリック課金での広告が多く、費用対効果をしっかり分析できます。

なお、広告費はどのSNS広告でも、1フォロワーを獲得する費用は50~300円が相場。ただし、広告によって集めたフォロワーは、オンラインマーケットなどで買ったユーザーとは異なり、アクティブないわば“生きたアカウント”です。

広告によって獲得したフォロワーを経由して他のユーザーに投稿がシェア・拡散されていく場合もあり、広告コスト以上の効果をもたらしてくれる可能性が期待できます。実際にインスタグラムに広告を出す手順を見ていきましょう。

インスタグラムに広告を出すためには、Facebookアカウントが必須。まずはFacebookアカウントを作成し、インスタグラムのプロフィールページの「広告」ボタンをタップします。

インスタの広告を出す相手を設定

「広告を作成」を選択すると画面が切り替わるので、広告に出す写真・動画を指定し「次へ」をタップ。Facebookとインスタグラムのアカウントを連携させます。

続いて、広告のリンク先を指定。フォロワーを増やしたい場合は、「あなたのプロフィール」に指定します。ちなみに、ブログやサイトへ誘導したい場合は、「ウェブサイト」を指定し、URLを入力します。

お次は、インスタの広告を出す相手を、地域・関心・年齢・性別からターゲティングするステップ。特にこだわりがない場合は、なるべくターゲットを広く設定します。そうすることで、クリック単価を抑えつつ、広告をより多く表示させられるのです。

広告を申請し、審査が通ると、実際に出稿が開始。結果や状況は、アプリ上で確認できます。実際に20~40代の男性(日本)で「美容室」に興味があるユーザーに600円分の広告を出したところ、広告は2,672回表示され、その内の169人が指定のURLへ移動。フォロワーを3人獲得できました。

■「インスタ」おすすめ記事
インスタストーリーを足跡つけないでスマホ閲覧
インスタグラム乗っ取りを防ぐセキュリティ設定

■「ダウンロード」おすすめ記事
違法ダウンロードで逮捕されないための基礎知識
違法ダウンロードの境界線を一問一答でおさらい
お気に入りYouTube動画をダウンロードする方法

■「スマホ」おすすめ記事
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事