ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

クレジットカードで残るとマズイ信用情報とは?

クレジットカードの支払いが遅れると、「個人信用情報会社」と呼ばれる会社がそれを記録し、新しいクレジットカードが作りづらくなります。しかし、単に支払が遅れるだけで済まず「借金の一部を減らしてもらう」または「自己破産してチャラにしてもらう」と、より厳しい記録が残る仕組みなのです。


クレジットカードで残るとマズイ信用情報とは?

クレジットカードの信用情報の記録

個人信用情報会社に残るクレジット支払い情報には「きちんと行った」「支払いが遅れる」のほか「他人が代わりに支払った」というものがあります。他人が代わりに支払うというのはクレジットカード会社が肩代わりする、つまり何らかの方法でクレジット残高の支払いを負けてもらったことを意味します。

クレジット残高を支払い切れない場合、対応策は「任意整理」「個人再生」「自己破産」の3種類です。これらの手続きを行う際、残高の一部またはすべてを減額してもらうと、先ほどの「他人が代わりに支払った」という記録が残るのです。

当然、クレジットカード会社側からみると借金を肩代わりしてもらった人は信頼がおけないため単に支払いが遅れた場合とは異なり、記録が残る限り新規にカードを作成することは不可能。国内の個人信用情報会社にはCIC・JICC・KSCの3社がありますが、各社ともこの記録は最後の返済後5年間は保存しています。

クレジットカードの審査に信用情報

これだけであれば、残金の完済後に5年たてばクレジットカードを新しく作れそうです。しかし、個人再生・自己破産の2種類を行った場合については、別な記録が付いてしまいます。というのも、官報に公告として氏名と住所が公開されてしまうのです。

一般人が官報の公告をチェックすることはまずないため、住所が公開されること自体をさほど心配する必要はありません。しかし、個人信用情報会社のうちKSCは、官報から個人再生や自己破産の情報を収集し10年間提供する、としています。

そのため、KSCの情報を審査に活用するクレジットカード、銀行ローンなどは個人再生や自己破産の手続き後10年間は新規に契約することはできなくなるのです。任意整理・個人再生・自己破産のどれを選ぶとよいかは状況により異なりますが、個人再生・自己破産のペナルティはより大きいといえます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事