ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ATM手数料が無料になる銀行提携クレジットカード

いまやクレジットカードは提携先選びも重要な時代。百貨店や大手家電チェーン、鉄道会社など、さまざまな業種と提携しておトクに使えるクレジットカードが数多く発行されています。そうした中、利用代金の決済に利用する銀行自体と提携したカードもあり、ATM利用手数料が安くなる特典が魅力です。


ATM手数料が無料になる銀行提携クレジットカード

銀行提携クレジットカードの手数料

銀行系クレジットカードというと、多くの場合三菱UFJニコス・三井住友カード・ユーシーカードといった、銀行系列のカード会社が発行するものを指します。しかし、今回「銀行提携クレジットカード」と呼ぶカードは、銀行系カードのうち銀行自体と提携したものです。

例えば、三井住友銀行の「三井住友カード(SMBC)」、三菱UFJ銀行では「MUFGカード」が銀行提携クレジットカードとなります。銀行提携クレジットカードのメリットで大きいのは、ATM利用時の手数料が安くなること。MUFGカード会員は、三菱UFJ銀行のATMでかかる18時~8時45分の手数料110円が無料になります。

また、「三井住友カード(SMBC)」ではカード利用が1回あれば翌々月のATM利用手数料が無料のほか、コンビニ設置のATMも3回まで手数料が無料になるサービスも用意されています(他行口座あての振り込みを除く)。

銀行提携クレジットカードの年会費

ATMの時間外手数料を気にせず使え、コンビニATMの手数料も無料になる銀行提携クレジットカードは、とりあえず1枚は持っておきたいところ。しかし、銀行提携クレジットカードの多くは年会費無料ではなく、1000~2000円の年会費が必要になります。

この年会費を実質的に減らす方法はいくつかありますが、一番簡単なのは年会費費無料になる銀行でカードを作ることです。その代表例が、みずほ銀行の「みずほマイレージクラブカード」。また、楽天カードで楽天銀行、イオンカードならイオン銀行をそれぞれ決済口座に選ぶことで、銀行提携クレジットカード扱いになります。

また、三井住友カード(SMBC)には明細書をオンラインのみにすると「Web明細割引」として年会費1375円が500円引き。さらに、三井住友カード(SMBC)とMUFGカードにはすべての支払いが自動的にリボ払いになるサービスがそれぞれあり、これを活用すると年会費の半額分が割引になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事