ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

混変調がハンディ機でおきて固定機にはない理由

周波数を合わせている受信したい電波を「目的波」と呼び、悪影響を与える電波の「妨害波」から受ける現象を「不正受信」といいます。不正受信には発生要因によって、いろいろな種類があり、その症状も異なります。強い電波によって引き起こされる不正受信について解説していきましょう。


「混変調・相互変調・感度抑圧」と固定機の対策

テレビ放送が混変調の大きな原因

不正受信の代名詞となっているのが「混変調」で、振幅変調(AMモード)の妨害波によって生じます。現在、AMモードの電波は、AMラジオ放送やエアーバンドといった限られた受信ジャンルでしか使われていませんが、地上波テレビ放送がアナログ波だった時代は、映像信号が振幅変調だったために、混変調の大きな原因になっていました。

テレビ放送の強力な電波は全国各地で飛んでいたので「不正受信=混変調」という図式が出来上がったようです。映像波の混変調を受けると「ブ~ン」という映像信号がカブってきました。

混変調が発生する原因は、受信機の高周波増幅回路や中間周波数増幅回路の不備です。これらの増幅回路は、入力された電力を設計した増幅度にアップさせ、正比例した電力を出力する動作をします。

しかし、これは理想的な回路であって、現実にはそうはなりません。増幅回路は、電力を増幅する過程で「歪み」が出ます。この歪みは高調波として現れます。強い電波は歪みも大きくなり、受信機の内部に高調波という周波数が発生しやすくなります。

混変調で目的波と妨害波が聞こえる

混変調は、増幅回路の歪みと振幅変調の妨害波が1波あることで発生します。妨害波の側帯波が増幅回路の歪みによって、目的波を振幅変調してしまうのです。その結果、目的波と妨害波が同時に聞こえることになります。これが混変調の症状です。

混変調が厄介なところは、どのような受信周波数帯であっても、強力な妨害波が1波でも存在すれば、発生する可能性があること。混変調を防ぐためには、歪みの無い(高調波を発生しない)増幅回路を搭載することです。

ハンディ機に比べて、設計上の余裕(製造コストと物理的なスペース)がある固定機なら、より歪みの少ない増幅回路を搭載できるので、混変調の発生を抑えることができます。

なお、高性能な増幅回路は、消費電力も大きくなります。固定機本体からの発熱はかなりのもので、これは大型の増幅器が搭載されている証です。

その他の対処方法は、原因となる妨害波の電界強度を下げること。フィルターで妨害波をカットしたり、目的波の感度も落ちますが、アッテネータを作動させる方法です。

固定機には、高周波入力の段階で優秀なフィルターが搭載されています。このフィルターも固定機の大型化につながるのですが、不正受信を防ぐ効果的な手段です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事