ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ファミコン吸い出し機に待望の新製品が登場した

ファミコンソフトの吸い出しといえば、長らく「kazzo」というツールが定番でした。ファミコンスロット付きの基板にUSBケーブルを接続することでゲームデータを吸い出す画期的なツールで、数多くのクローンや亜種が登場しています。そんなファミコン吸い出し機に待望の新製品が登場しました。詳しく見ていきましょう。


ファミコン吸い出し機に待望の新製品が登場した

新しいファミコン吸い出しツール登場

長らくファミコンソフトの吸い出しツールの定番としてされてきた「kazzo」ですが、最近では入手困難となり、まれに東京・秋葉原などに個人製作のクローンが並ぶと即完するという状態でした。

しかし2020年、ゲームバンクから「FCダンパーV2」という新しいファミコン吸い出しツールが登場。しかもAmazonで買えるとあっては、ファミコン世代は要注目なアイテムといえるでしょう。

従来の吸い出し機「Kazzo」と比較してみると、基板構成が全く異なっており、クローンや亜種などではないことが分かります。ファミコンゲームの吸い出しに加え、PC用エミュレータを使ってカートリッジを挿したままゲームをプレイすることも可能です。

「FCダンパーV2」でファミコンソフトを吸い出すには、まず「FCダンパーV2」をPCとUSBで接続。GAMEBANKのWebサイトから、FCダンパー用のツールをダウンロードして起動します。

ファミコンカートリッジから吸い出し

「FCダンパーV2」にファミコンカートリッジをセットし、ツールの「Info」ボタン押すとカセットを認識。あとは「Dump」ボタンを押せば吸い出しが始まります。吸い出したファミコンのゲームデータは「.nes」形式のファイルとなって、PC上に保存されるのです。

吸い出したデータをPC用エミュレータ「Nestopia」に読み込ませてみたところ、問題なくプレイできました。

FCダンパーV2の推奨OSはWindows7以上(一部MacOSも対応)です。サイズ/重さは87W×19H×55Dmm/60gで、付属品はUSBケーブル、ドライバなどダウンロードURL説明メモ。実勢価格は7,996円です。

ファミコン以外のゲームを吸い出すためのツールもリリースされています。「レトロベースダンパーV2」は、アダプタを揃えることで、メガドライブ・スーパーファミコン・NINTENDO64・PCエンジン・GBAなどのゲームを吸い出せるようになる製品。実勢価格は7,896円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事