ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

野菜を安く買えるクレジットカードが存在する?

「農協」といえば、農業を仕事にしている人以外はふだんあまり利用することは少ないでしょう。しかし、農協は農作物の流通だけではなく、金融サービスや保険サービスなども手がけていて、実はクレジットカードも発行しています。そして、農協系クレジットカードを持っていると、取れたて野菜が安く買えるなどの特典も受けられるのです。


農協系クレジットカードに野菜を安く買える特典

JAバンク口座所有者向けのカード

農業協同組合(農協)は全国各地で組織され、加入組合員が生産した農作物を流通に乗せることがメインの役割です。しかし、農家の取引や農業機械購入向け融資といった目的のために金融事業も展開。現在は、銀行とほぼ同様の金融業務を行っています。

農協の金融業務は、都道府県ごとに組織された「信用農業協同組合連合会(信連)」が担当していて、さらに全国各地の信連(漁協系を含む)をネットワークするための農林中央金庫が存在しています。この仕組みは信用金庫に近いものですが、信用金庫と異なり全国的に同じ「JAバンク」が通称として使われています。

JAバンクは農協組合員向けの金融機関と思われがちですが、農協組合員でなくても貯金口座を開設することが可能。さらに、JAバンクの貯金口座を持つ人向けに、クレジットカード「JAカード」も三菱UFJニコスとの提携で発行しているのです。

自動車ローンの金利も安くなる

JAカードは、ニコスカードに農協関連の特典が付く提携カードとなっています。ポイントプログラムも通常カードであれば「わいわいプレゼント」、ゴールドカードは「ゴールドポイントプログラム」で、それぞれ利用1000円につき1ポイント貯まり、キャッシュバックを適用すると1ポイント4円となるのもニコスカード同様です。

そして、JAカードならではの特典として、各地の農協が営業する直売所でのショッピングが5%オフ。農協直売所へは、組合員が出荷する取れたて野菜などが毎日届くので、新鮮野菜を割安で購入することができます。

また、都市部には少ないものの、郊外では農協系のガソリンスタンドが各地で営業中で、こちらでガソリン・軽油を給油する際には1Lあたり2円の割引。さらに、JAバンクで自動車ローンを組んだ場合、金利が2%割引となる特典もあるため、これから自動車を購入する人にとっては、農協系クレジットカードは狙い目ともいえるのです。

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事