ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK受信契約を衛星契約から地上契約にする方法

NHKの受信契約は、BSを含む「衛星契約」と地デジのみの「地上契約」の2本立てになっていて、衛星契約のNHK受信料は地上契約の2倍近くです。そこで、NHK受信料節約のためにBSアンテナを取り外し、地上契約に切り替えたいという人もいるでしょう。ところが、NHKのWebサイではこの切り替え手続きについて、まったく案内されていないのです。


NHK受信契約を衛星契約から地上契約にする方法

NHK受信契約を地上契約に切り替える

現在販売されているテレビは、ほぼすべてがBSチューナーを内蔵しています。そこで、新たにテレビを購入してNHKと受信契約を結ぶ際には、地デジのみの地上契約ではなく、BS放送を含めた衛星契約を結ばなくてはいけないと考えている人も少なくないでしょう。

しかし、放送法ではテレビ放送を受信できる設備を設置した場合にNHK受信契約を結ばなくてはいけないと定めていますが、この「設置」にはテレビとアンテナ、あるいはCATVなどがセットで揃っている必要があります。つまり、BSチューナー内蔵テレビを所有していても、BSアンテナを設置しなければ衛星契約を結ばなくても問題ありません。

それでは、BSアンテナが壊れたなどの理由でBS放送が映らなくなり、衛星契約から地上契約に切り替えたい場合はどうすればよいのでしょうか。NHKのWebサイトには、地上契約から衛星契約への切り替えについては手続き方法が書かれていますが、衛星契約から地上契約への切り替えについてはまったく記載がありません。

NHK受信契約を切り替える手続き書類

そこで、NHK受信契約の窓口となる「NHKふれあいセンター」へ電話してみたところ、衛星契約から地上契約への変更自体は行えるとのこと。ただし、新規契約や地上契約から衛星契約への切り替えとは違い、Webサイト上からの手続きは行えず書面による手続きのみの対応となります。

NHK受信契約を衛星契約から地上契約に切り替える場合、まずNHKふれあいセンターへ電話で連絡。そのうえで、BS放送が映らなくなった理由を伝えると、変更手続き用の書類を送ってもらえます。ただし、BSアンテナが壊れたと伝えても、CATVやひかりTVなどの契約がないかどうかをしつこく聞かれることもあるようです。

そして、NHKから届いた書類に必要事項を記載して返送すれば、衛星契約から地上契約への切り替え手続きは完了です。支払うNHK受信料については、切り替え手続きを行った月から地上契約となり、前払いで支払っている場合は衛星契約と地上契約の差額を月単位で計算し、後日返還される仕組みになっています。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事