ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

イオンで使うとイオンカードよりお得なカード?

バブルの時代、日本最大のスーパーチェーンだったダイエーの店舗で盛んに勧誘が行われていたのが系列のクレジットカード「OMCカード」でした。いまではダイエーとOMCカードは別系列ですが、OMCカードにはダイエー系列だった名残の優遇特典が引き続き存在。その特典はダイエーのみならず、イオングループへも拡がっているのです。


イオンで使うとイオンカードよりお得なカード?

OMCカードはイオンでポイントアップ

「OMCカード」は、SMBCファイナンスサービス(旧セディナ)が発行するクレジットカードで、元々は大手スーパー・ダイエーの系列カード会社から発行されていました。「OMC」は「Orange Member’s Card」の略称で、Orangeは当時のダイエーのコーポレートカラーにちなんでいます。

一時期、ダイエーは日本最大のチェーン網を誇るスーパーでしたが、さまざまな経緯を経てイオングループの1社となっています。OMCカードも、ダイエー系列から三井住友フィナンシャルグループ系列へと運営が変わりましたが、OMCカードをダイエーで使うとお得になるという関係は現在も維持されているのです。

OMCカードのポイントプログラム「わくわくポイント」は、通常200円につき1ポイントのところ、ダイエーでの利用については200円につき3ポイントとなります。さらに、ダイエー以外にもイオン・マックスバリュなどイオングループの一部チェーンについては、ダイエー同様に200円につき3ポイントへアップするのです。

OMCカード還元率はイオンカードの上

貯まったわくわくポイントは、さまざまな商品へ交換したりキャッシュバックを受けられますが、キャッシュバックは交換レートが悪いため、nanacoポイントへ交換するか、Vポイントギフトへ交換する方がお得でしょう。この場合、ポイントは等価交換で、交換先のnanacoポイント・Vポイントは1ポイント=1円で利用できます。

このため、ダイエーやイオングループの利用分についての還元率を計算すると1.5%。一方、イオングループのイオンカードについては、グループ各店で利用した際に貯まる「ときめきポイント」の還元率は通常1%で、OMCカードの還元率より低くなってしまうのです。

とはいえ、イオンカードには毎月20・30日にイオングループ各店で5%オフになる特典もあり、このサービスを利用するのであればイオンカードの方がお得。また、イオングループであっても、マルエツやスポーツオーソリティなど、OMCカードのポイントアップ対象外のチェーンもあるので要注意です。

■「イオンカード」おすすめ記事
今すぐ「イオンSuicaカード」を見直すべき理由
年会費無料のイオンゴールドカード入会条件は?

■「クレジットカード」おすすめ記事
「au PAYゴールドカード」年会費の元を取る方法
エポスゴールドカードの招待を断ると大損な理由
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!

■「Suica」おすすめ記事
Suicaは何のカードでチャージするのが一番お得?
Suica付きビューカードで一番お得なのはどれ?
東日本以外でもビックカメラSuicaカード最強説
Suicaで新幹線に乗る方法はどれが一番おトク?
デビットカードでモバイルSuicaチャージの裏技

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事