ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ときめきポイント廃止でイオンの残ポイントは?

多くのイオンカードやイオン銀行デビットカードは、電子マネー「WAON」を搭載しています。そこで、貯めたポイントをWAONチャージ残高へ交換して使うと便利な一方、2段階の手続きが必要です。今年の9月11日から、イオンカードやイオン銀行デビットカードのポイントがWAON POINTへ統一。より手軽にWAONで利用可能となります。


ときめきポイント廃止でイオンの残ポイントは?

9月11日以降利用分からWAON POINT移行

イオンカードおよびイオン銀行発行のデビットカードは、これまで実施してきたポイントプログラム「ときめきポイント」を、2021年9月11日以降利用分からWAON POINTへ移行すると発表しました。

WAON POINTは、もともと電子マネー・WAON向けのポイントプログラムで、WAONによるショッピング200円につき1ポイントが貯まります。貯まったWAON POINTは、1ポイント=1円としてWAON残高へチャージして利用する仕組みです。

また、ときめきポイントにもWAON POINTへ1000ポイント単位で交換するサービスが用意されており、交換レートはときめきポイント1000ポイント=WAON POINT1000ポイントです。このため、イオンカードで貯めたときめきポイントを、使える店舗が多いWAONで活用するという人も少なくありませんでした。

WAON POINT還元は200円で1ポイント

しかし、ときめきポイントをWAONで利用するためには、ときめきポイント→WAON POINT→WAONチャージ残高と2段階の手続きが必要なため面倒だったのも事実。今回の改正では、ときめきポイントではなくWAON POINTが貯まるようになり、WAON残高へのチャージが1回の手続きで行え、より便利になります。

9月11日以降、イオンカードおよびイオン銀行デビットカードで貯まるWAON POINTの還元は、ときめきポイントと同じ200円につき1ポイントが基本。イオングループ各店舗でのポイント2倍などのサービスもこれまで通りです。

なお、ときめきポイントの残高については、2021年10月25日以降は1ポイントから同率でWAON POINTへ交換可能。また、同日からWAON POINTでも商品への交換サービスが開始予定で、商品交換はイオンカードの「暮らしのマネーサイト」「イオンウォレット」などから手続きを行う仕組みとなります。

■「ポイント」おすすめ記事
Amazonギフト券の使い方でTポイントを現金化
Amazonでポイントを三重取りする方法とは?
MNPの「引き止めポイント」は実際に存在する
ETCポイントを車載器なしでゲットする方法
LINEポイントを賢く貯めてスタンプを購入する

■「クレジットカード」おすすめ記事
楽天の家族カードなら小額ポイントが合算できる
ダミーのクレジットカード番号が入手できる!
飛行機の遅延補償はクレジットカードを活用
Vプリカは使い方次第で半永久的にタダ見できる
Vプリカは使い方次第でクレカ番号ジェネレータ

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事