ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

深さ別に揃えたいダイソーの100均ルアーの世界

ダイソーのルアーは、店員のチョイスや地域によってバリエーションが豊富。釣り仲間のSNSを見ていたらこんなものもあるのか…と驚く人も多いようです。メタル系に関しては大手フィッシングメーカー製に劣らないクオリティといえます。さっそく、ダイソールアーで揃えておきたい定番モノを紹介していきましょう。


深さ別に揃えたいダイソーの100均ルアーの世界

ダイソールアーはコーティングが雑

ダイソールアーでプラ製は個体差が激しく、中にはまともに泳がなかったりするものも少なくありません。専門店で売られている大手メーカー製の10分の1以下の価格なので仕方がないところです。

ダイソールアーは「数多くラインアップされる中から掘り出し物を探す」ぐらいの気持ちで試すのがよいでしょう。ちなみに、メタル系とプラ製のコーティングは雑な仕上がりで、使用後は必ず真水で洗浄してサビさせないようにするのが長持ちさせるポイントです。

ダイソールアーで表層用なら「ポッパー」「フロッグ」が定番といえるでしょう。「ポッパー」(110円)は、ルアー先端のお椀型の口で、空気と水を取り込み音を出すルアー。この音が「ポップ音」で、そこから「ポッパー」と命名されました。ブラックバスやトラウトを狙うのに使います。

「フロッグ」(110円)は、名称通りカエルに似せたルアー。水面を泳がせて、カエルの動きをイメージした動きで魚をおびき寄せます。素材はゴム製で、魚がくわえた際に違和感がないようになっているのです。

ダイソーのルアーで中層用と深層用

ダイソールアーで中層用は「ミノー」「バイブレーション」です。「ミノー」(110円)は、小魚に似せた作り。製品名は「ミノーモンスター」で、シンキングタイプとフローティングタイプがラインアップ。先端のリップが水の抵抗を受けることで、本体を細かく振動させる仕組みです。

「バイブレーション」(110円)は、フローティングタイプ。ゆえに、ストラクチャー(岩・水草・海藻など)が水底にあっても根がかりせず、その周辺を攻められるのです。音が鳴るラトルタイプなので、ターゲットへのアピールも十分です。

ダイソールアーで深層用は「クランクベイト」「メタルバイブ」が定番です。「クランクベイト」は、大型リプが特徴の小太りルアー。静止状態では浮き上がり、ラインを巻くと潜航し始めます。リップをストラクチャーなどに当て、不規則な動きで魚を誘い出す仕組みです。水の抵抗が大きいのでビギナーにはやや扱いづらいかもしれません。

「メタルバイブ」はバイブレーションと違い、金属製で薄く作られています。ある程度重さもあり遠投しやすいのが特徴。ラインを巻くと小刻みに振動するので、フィッシュイーターに効果的にアピールします。

「ラバージグ」は、シングルフックの先端におもりが付いており、その後ろにラバーによるスカートを搭載。底面に生息する甲殻類を模しています。

■「ダイソー」おすすめ記事
ダイソーのイヤホンを高級機並みに変える裏ワザ
ダイソーのプチ電車「新幹線」を高速仕様に改造
ダイソーのBluetoothスピーカーを高音質に改造

■「100均」おすすめ記事
100均の充電池を2年間使い続けた結果とは?
乾電池の液漏れ対策に使える意外な100均アイテム
使えなかったエネループが100均の充電器で復活
見かけたら即買いの「100均工具」おすすめ4選
100均自転車ライト「指サック」で防水仕様に改造

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事