ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダイソー「釣り竿」にガイドを増設するプチ改造

ダイソーの「釣り竿セット」は1100円と、釣り具メーカーの入門用ロッドよりも激安です。コストを抑える仕様であるため、残念なポイントもあります。不満な箇所をすべて改良していくと、結構な金額に…。ダイソーのロッド自体が面白いアイテムなので、仕方ないところです。今回は、ダイソーの釣り竿をカスタマイズしてみましょう。


ダイソー「釣り竿」にガイドを増設するプチ改造

ダイソーの釣り竿にガイドを1つ増設

ダイソーの釣り竿はガイド数が4個です。大手釣り具店の入門用ロッドは最低でも5個付いており、一般的なロッドは7個が主流です。

ガイドの役割は、竿と糸の動きを制御して力のロスを減らし、飛距離のアップなどが挙げられます。ダイソーの釣り竿のガイド数も、釣り具店の入門用レベルまでは増やしたいところです。

具体的な作業としては、トップガイドと1番ガイドの間に誘導ガイド(2.7mm)を取り付けます。誘導ガイドは、ネット通販や大手釣り具店などで販売されており、250円程度です。

ダイソー釣り竿にガイドを増やす手順

ダイソーの釣り竿にガイドを増やす作業手順を見ていきましょう。まずトップガイドは接着剤で取り付けられているので、ドライヤーなどで温めて取り外し。折らないように慎重に抜きます。

トップガイドを取り外したら、追加の誘導ガイドを入れます。あとはトップガイドを戻して、エポキシ接着剤で再固定したら作業は完了です。

ついでに、ロッドエンドも加工しておきましょう。ピンバイスで2mm程度の小さい穴をあけておくと、水洗い時に水抜きしやすくなります。(文/浜崎三助)

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事