ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

CATVと契約したらNHK受信料は払う必要はない?

国際ニュースやドラマ、スポーツなどさまざまなチャンネルがセットになったCATVは、利用料に月数千円かかるものの、興味があるチャンネルが数多くある人にとっては、個別にCS放送を契約するよりお得ともいえます。しかし、CATVを契約するとセットで付いてくる地上波やBS放送については、CATV利用料と別にNHK受信料がかかるのです。


CATVと契約したらNHK受信料は払う必要はない?

CATV設備でNHK受信料の支払いを迫る

放送法には、NHKのテレビ放送を受信できる設備を設置すると、NHKと受信契約を結ばなくてはならないという規定があります。この規定を元に、NHKは視聴者へ受信料の支払いを迫るわけですが、NHK側には視聴者がテレビ放送を受信できる設備を持っているかどうか、直接確認する手段はいまのところありません。

NHK集金人とも呼ばれるNHK受信契約を取り付ける業務を行う人は、テレビを持ちながら未契約と思われる住宅をひたすら巡り、受信契約をお願いする作業を続けています。とはいえ、NHK集金人ができるのはお願いのみで、無断で家に立ち入りテレビの存在を確認すれば、住居侵入罪で刑事罰の対象です。

一方で、明らかにNHKがテレビを受信できると推測できる世帯はあり、そのひとつがCATV用の設備があることです。CATVと契約した場合、戸建て住宅であれば専用の引き込み線が追加されるほか、CATV導入のマンションについても、共聴用のアンテナが存在しないなどの理由で外観からCATV導入済みと判明してしまいます。

CATV契約でNHK受信料の団体一括払い

CATV会社の個人情報保護規定を読むと、CATV会社は契約者への断りなくNHKなどの外部団体へ契約情報を提供することはないとされています。実際、これまでにCATV会社からNHKへの個人情報漏洩が発覚したケースもないようです。

また、CATV会社によってはテレビの再送信を行わずネットのみの契約を用意していることもあり、CATV用設備があるからといって必ずしもテレビが視聴可能とはいえません。当然ですが、テレビを持たずにCATVでネットのみを利用するのであれば、NHK受信料を支払う必要はありません。

ただし、NHKが総務省の審議会へ提出した資料のなかには「ケーブルテレビ事業者とのさらなる連携強化」といった記載もあり、CATV会社とNHKが契約を結ぶことでNHK集金人からの訪問を受けやすくなる、あるいは受信契約のお願いがさまざまな形で届き続ける可能性は高くなります。

なお、CATVを契約した世帯では、NHK受信契約で団体一括支払が利用可能です。団体一括払は、CATV会社がNHK受信料をまとめて支払うことで割引になる制度で、個別に衛星契約を結び口座振替やクレジットカード継続払いで支払うより年間1845円割安になります(12か月前払いの場合)。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事