ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

お客様番号なしで「NHKプラス」利用登録が可能

NHKが本格的にネット放送を行う「NHKプラス」のサービスが、この4月から始まりました。地上波放送をリアルタイムで見られるだけでなく、1週間分までさかのぼり視聴する機能もあるためより便利になりますが、NHK受信契約と利用登録の両方が必要。そして、この利用登録が何段階もに分かれ、かなり大変な仕組みなのです。


ネット放送「NHKプラス」の利用登録が大変な件

NHKプラスの利用登録で見逃し再生

インターネット経由でNHK地上波テレビ放送を同時視聴できる「NHKプラス」が、2020年4月1日から本サービスを開始しました。放送時間は毎日6~24時の18時間が基本で、Eテレのアニメなど一部番組は対象外。また、内容は東京で放送されている番組となり、その他の地方局の番組には対応していません。

利用登録せずにNHKプラスのWebサイトへアクセスしても、総合とEテレをチャンネル切り替えで視聴できますが、画面内の約1/4にテロップが表示され、完全な形で見ることができません。これは、購入したてのテレビでNHKた見た場合とほぼ同様です。

テロップ表示なしでNHKプラスを見るためには、NHKと受信契約を結んだ上で別途、利用登録が必要。利用登録1件につき、パソコン・スマホなど合計5台まで視聴可能となり、過去1週間までさかのぼり番組を見ることができる「見逃し視聴」にも対応します。ところが、この利用登録手続きはかなり面倒な仕組みなのです。

NHKプラス利用登録にお客様番号不要

NHKプラスの利用登録には、Webサイト上からまず連絡先に使用するメールアドレスを入力。次に、NHKから返信されたメール内にかかれたURLにアクセスし、IDとパスワードの登録を行います。この際、受信契約を結んだ家族の氏名と住所も必要です。「お客様番号」は入力しなくても手続きできます。

ID・パスワードの登録が完了後にログインすれば、そのままNHKプラスを制限なしで利用可能になりますが、実はこれで手続完了というわけではありません。というのも、登録後1~5週間で受信契約者へ届くはがきに書かれた「確認コード」を入力する作業があるためです。

NHKは、確認コードを入力せず一定期間放置するとテロップ付きの画面へ戻る、とアナウンスしています。NHKプラスを利用するだけで何段階も手順を踏むのは、NHK受信契約の有無を確認してから利用を認めるためですが、ネットだけで手続きが完了するような仕組みにすることもできたはず。使い勝手は悪いといわざるをえないでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事