ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHKプラスは登録しないで見ることはできる?

NHKが本格的にネット放送を行う「NHKプラス」のサービスが、この2020年4月から始まりました。NHKプラスは地上波放送をリアルタイムで見られるだけでなく、1週間分までさかのぼり視聴する機能もあるためより便利になります。しかし、NHKプラスを見るにはNHK受信契約と利用登録の両方が必要です。NHKプラスは利用登録しないで見ることはできるのでしょうか。


ネット放送「NHKプラス」の利用登録が大変な件

NHKプラス登録しないで見ることは可能

インターネット経由でNHK地上波テレビ放送を同時視聴できる「NHKプラス」が、2020年4月1日から本サービスを開始しました。NHKプラスの放送時間は毎日6~24時の18時間が基本で、Eテレのアニメなど一部番組は対象外。また、NHKプラスの内容は東京で放送されている番組となり、その他の地方局の番組には対応していません。

利用登録せずにNHKプラスのWebサイトへアクセスしても、総合テレビとEテレをチャンネル切り替えで見ることはできます。しかし、NHKプラスを利用登録しないで見ると画面内にテロップが表示され、完全な形で見ることができません。

すなわち、NHKプラスは利用登録しないで見ることは可能。NHKプラスの利用登録なしだと、放送中の総合テレビとEテレの番組に「Webサイトから登録手続きをすると、このメッセージは表示されなくなります」というテロップが表示されます。

NHKプラス登録しないで見ると出るテロップ

NHKプラスを登録しないで見ると表示されるテロップは、NHKのBSを受信契約なしに見ていると表示されるメッセージと同様に、画面の4分の1程度を覆うもの。NHKプラスを登録しないで見るのは、決して快適とは言えません。

NHKプラス登録しないで見ると表示されるテロップを消して視聴するためには、NHKと受信契約を結んだ上で別途、利用登録が必要。NHKプラスの利用登録1件につき、パソコン・スマホなど合計5台まで視聴可能となります。

そして、NHKプラスに利用登録すると、過去1週間までさかのぼり番組を見ることができる「見逃し視聴」が利用可能になるのです。ところが、このNHKプラスの利用登録手続きはかなり面倒な仕組みなのでした。


NHKプラス利用登録にお客様番号不要

NHKプラスの利用登録には、Webサイト上からまず連絡先に使用するメールアドレスを入力。次に、NHKから返信されたメール内にかかれたURLにアクセスし、IDとパスワードの登録を行います。この際、受信契約を結んだ家族の氏名と住所も必要です。「お客様番号」は入力しなくても手続きできます。

ID・パスワードの登録が完了後にログインすれば、そのままNHKプラスを制限なしで利用可能になりますが、実はこれで手続完了というわけではありません。というのも、登録後1~5週間で受信契約者へ届くはがきに書かれた「確認コード」を入力する作業があるためです。

NHKは、確認コードを入力せず一定期間放置するとテロップ付きの画面へ戻る、とアナウンスしています。NHKプラスを利用するだけで何段階も手順を踏むのは、NHK受信契約の有無を確認してから利用を認めるためですが、ネットだけで手続きが完了するような仕組みにすることもできたはず。使い勝手は悪いといわざるをえないでしょう。

NHKプラス登録しないで見る方法

利用登録に何段階も手順を踏むNHKプラスですが、利便性向上のため、2022年4月1日からテレビ向けアプリのテストサービスがスタート。テストサービス期間中は、NHKプラスを利用登録しないで見ることができました。

しかし、残念ながら2022年7月1日にテレビ向けアプリの正式版がリリース。ログイン操作が必要になりました。すなわち、NHKプラスの利用登録しないで見る方法が消滅してしまったのです。

一方で、2022年7月14日には、完了までに数週間かかっていたNHKプラスの利用登録に「仮登録」の受付が開始。IDを兼ねたメールアドレスとパスワードを先に入力すれば、すぐに「仮登録」ユーザーとしてNHKプラスの各機能を利用できるようになっています。


NHKプラスの仮登録の有効期間

NHKプラスの仮登録ログインの有効期間は1か月です。NHKプラスの各機能を引き続き利用するには、1か月の有効期間中にマイページからNHKプラスの本登録申込みを行わなければなりません。

また、NHKプラスの仮登録ログインで見逃し視聴などがの楽しむことはできますが、動画再生の冒頭15秒ほど「1か月の有効期間中に本登録申し込みをお願いします」というテロップが画面の1/4に表示されます。

NHKプラスの本登録に、受信契約者の氏名と住所が必要なのは通常の利用登録と同じ。NHKプラスの本登録は、入力した情報を元に受信契約が確認でき次第、登録完了のお知らせハガキが届く仕組みです。

なお、NHKプラス上ではログインして本登録の申し込みをするとテロップがなくなる旨の告知がされています。しかし、NHKプラスでログインして本登録申し込みをしただけでは仮登録のテロップは消えませんでした。

NHKプラスに登録したIDとパスワード

なお、NHKプラスは利用登録すれば、パソコンやスマホアプリ、テレビアプリで視聴することが可能。NHKプラスをパソコンのブラウザで視聴するなら、番組再生画面の右上に表示される「ログイン」から登録したIDとパスワードを入力します。

スマホアプリで視聴する場合は「設定」→「ログイン」とタップして、NHKプラスに登録したIDとパスワードを入力。テレビアプリで視聴する場合は、左のメニューバー下部にある「ログイン」を選択します。

そして、画面に表示された二次元コードをスマホやタブレットで読み取るか、URLにアクセス。NHKプラスに登録したID・パスワードとともに、画面に表示される連携コードを入力してログインしてください。いずれの視聴方法でもNHKプラスに登録したIDとパスワードでログインを一度していれば、ログインはスキップされます。


NHKプラス登録で使える番組視聴アプリ

NHKプラスに登録して使えるアプリは、iPhone/iPad向けのほか、Android向け、AmazonのFireタブレット向けを用意。加えて、NHKプラスのテレビ向けアプリも利用できます。

パナソニックのビエラなどのスマートテレビでは、NHKプラスのテレビ向けアプリを一覧から選ぶだけです。Android TV OS搭載のテレビでは、Google PlayストアでNHKプラスをインストールします。

このほか、Amazon Fire TV Stick、Chrome Cast with google TVなどの外付けデバイスでも、NHKプラスに登録したIDとパスワードログインして番組視聴が可能。それぞれNHKプラスのテレビ向けアプリをインストールして利用します。

■「NHK受信料」おすすめ記事
カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?
引越しを機にNHK受信料の支払いはやめられる?
NHK受信料裁判の流れを変えたフィルターとは?
NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは
ホテルのテレビ「NHK受信料」どうなっている?
NHK受信料未払いに「罰則規定がない」の意味は?

■「NHK」おすすめ記事
NHKの受信契約を解約できる条件と手続き方法
BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは
NHK集金人が拒否しても何度も訪問してくる理由

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事