ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

飛行機墜落事故が起きた時に最も安全な座席は?

LCCの拡大により、安価に飛行機を利用できるようになりました。しかし、そのぶん飛行機事故に遭うリスクも増えています。そこで覚えておきたいのが、飛行機事故に遭ったときに最も安全な座席はどこかということ。飛行機墜落事故の実験では、後方座席が最も安全という結果になりました。


飛行機墜落事故が起きた時に最も安全な座席は?

飛行機事故実験で安全な座席が判明

飛行機による墜落事故が起きる確率は比較的低いといわれます。しかし、1985年8月に群馬県御巣鷹山に墜落した日本航空123便の墜落事故では、520名もの死者が出ています。

日本の飛行機事故で最大のこの事故で、生存した4名はいずれも後方座席に座っていたといいます。はたして、飛行機事故で最も安全な座席はどこなのでしょう。

じつは飛行機の墜落事故実験が行われていて、その結果、機体前方・中腹・後方のうちどこが最も安全かが判明しています。アメリカ・ディスカバリーチャンネルが飛行機の墜落事故を再現実験した番組「Plane Crash」でボーイング727を上空から墜落させて安全な座席を検証したのです。

飛行機事故に備えて安全な後方座席

飛行機の墜落事故実験の結果、コックピットのある前方は重力の12倍の12Gもの衝撃がかかり粉々になりました。翼のある中腹は8G、最後尾にかけて6G程度まで下がっています。

そして前方座席は即死、中腹の座席は重傷もしくは死亡、後方座席は生存する確率が最も高いという結果が出たのです。飛行機に乗るときは、墜落事故に備えて最も安全な後方座席を選ぶのが賢明といえるでしょう。

ただし、機内で火事が発生した場合は、前方や非常口近くの生存確率が高くなります。逆に後方座席は、逃げ遅れてしまう可能性があることも肝に銘じておきましょう。もちろん、ケースによって飛行機の墜落事故の生存確率は変わります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事