ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

航空機の無線でFMでなくAMが使われ続ける理由

旅客機でも戦闘機でも航空機の航行には無線連絡が欠かせません。とはいえ、飛行目的も運動性能も異なるため、使用している周波数帯はVHF帯とUHF帯とまったく別々。しかし、どちらの航空機も無線が「AMモード」であることは変わりません。航空機の無線がFMモードでなく、AMモードを使い続ける理由を見ていきましょう。


航空機の無線でFMでなくAMが使われ続ける理由

航空機の無線は弱い電波が消されない

無線通信でデジタルモードも最近は増えてきましたが、主流はやはり「FMモード」です。対して、航空機の無線はメジャーな無線通信の中で唯一、AMモードを採用しています。

そもそもAMとは、振幅変調(Amplitude Modulation)の頭文字を取ったもので、電波の強弱で情報を伝達する方式。FMの周波数変調(Frequency Modulation)に比べて、音質が劣ったりノイズに弱いことがデメリットです。

それでも、航空機の無線通信でAMモードが使い続けられる理由は、弱い電波に強い電波がかぶってきても、かき消されないことにあります。同じ周波数を複数の航空機が使用しても、強い電波にかき消されずに伝わるのがAMモードの特徴です。

航空機の無線の一斉入れ替えは不可能

深夜ラジオを聞いていて、AMラジオ放送が混信して、強い電波の後ろから弱い電波が聞こえてくることがあるはず。遠方を飛行する航空機の救難通信を、近くを飛行する航空機の無線がかき消すことなく管制塔は受信できるというわけです。

このように、航空機の安全な運航に欠かせない電波特性が、航空機の無線でAMモードが使われ続けている理由になります。このほか、無線機の回路構成がシンプルで、狭い帯域でも音声を送れることもメリットです。

航空無線は世界共通のシステムなので、デジタル化はないと言われています。すべての航空機の無線機を一斉に入れ替えることは、ほぼ不可能だからです。その意味で、航空機の無線通信はAMモードから変更されることはほぼないでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事