ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

バイク専用の前後撮影ドラレコが1万円ちょっと

無茶な追い越しや前方不注意などが原因で、バイクはクルマよりも事故に遭いやすいというデータがあります。しかし、クルマに比べるとドラレコの普及率はまだまだ低いのが現状。そこで、1万円ちょっとで購入できる、2カメラで前後撮影ができるドラレコのエントリーモデルはいかがでしょう。


スポンサーリンク
バイク専用の前後撮影ドラレコが1万円ちょっと

バイク用ドラレコは前後2カメラ式

サンコーから発売されている「バイク、スクーター用前後撮影ドライブレコーダー」は、やはりトレンドの前後2カメラ式を採用。小型カメラ2つと液晶モニターが付いたバイク用ドラレコは1万円ちょっととお手頃です。

ドラレコの前後の小型カメラは両面テープで固定するため、ちょっと左右にずらして設置できるなど自由度が高いのもうれしい点。電源はACC電源に直接接続するため、エンジンと同時に起動して撮り漏れを防げます。

実際にセッティングするには、充電ケーブルをACC電源に接続し、カメラは両面テープでシートの下部など邪魔にならないところに設置。モニターは防水ではないため、バイクの小物入れやメットインなどに収納しておきます。

前後撮影したバイク用ドラレコ映像

2カメラで前後撮影したバイク用ドラレコ映像は、統合されて1つの動画ファイルとして自動的に保存されます。フルHDではないものの、ナンバープレートはしっかり確認できるレベルの映像でした。

夜間に撮影したドラレコ映像は、黄色味が強めで信号色の識別が可能。やや白飛びする場面も見られましたが、後ろを走行しているクルマのナンバーや15m先の車種を識別できました。

バイク専用ドラレコの最大解像度/フレームレートは1280×480ドット/30fps、画角は150度です。保存形式はAVI形式、記録メディアはmicroSDカード(最大32GB)、電源はACC給電。サイズ/重さはモニターが74W×55H×21Dmm/60g、カメラが38W×15H×16Dmm/20gとなっています。実勢価格は11,800円です。

■「ドラレコ」おすすめ記事
ドライブレコーダーおすすめは「DrivePro200」
6千円で買うミラー型ドライブレコーダーの実力
1万円以下で買える超小型のドライブレコーダー
1万円ちょいで買える高画質ドライブレコーダー
トランセンドDrivePro200は高画質ドラレコ

■「ドラレコアプリ」おすすめ記事
ドライブレコーダーはアプリ+広角レンズで代用
ドライブレコーダーアプリで不測の事態に備える
無料で使える地図連動ドライブレコーダーアプリ
ドライブレコーダーアプリに古いスマホを再利用

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事