ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

往復するだけでも割安になるETC乗り放題プラン

静岡県の三ヶ日といえば「三ヶ日みかん」の産地として有名ですが、猪鼻湖と浜名湖に挟まれた景観スポットでもあります。その三ヶ日の高台にあり、全室から浜名湖の眺望が楽しめるホテル「かんぽの宿 浜名湖三ヶ日」の宿泊券とETC限定高速道路乗り放題をセットにしたプランがNEXCO中日本から発売中です。


往復するだけでも割安になるETC乗り放題プラン

ETC乗り放題プランの受付は7日前まで

「かんぽの宿浜名湖三ケ日 宿泊商品券付ドライブプラン」は、静岡県浜松市で営業中のホテル「かんぽの宿 浜名湖三ヶ日」1万円分の宿泊券とETC限定高速道路乗り放題がセットになったものです。購入にあたっては、NEXCO中日本の会員サービス「速旅」への登録が必要となっています。

また、NEXCO中日本への申し込み前に同ホテルのWebサイトまたは電話で1泊2日以上を直接予約することが利用条件になっています。なお、購入は宿泊の7日前まで受け付けており、セットの宿泊券は現地決済の際に利用する仕組みです。

宿泊券1万円に関しては使うことで割引はありませんが、夕食時に人数分ドリンク1杯(グラスビール・ウーロン茶・オレンジジュース)無料サービスの特典があるため、人数によっては1000円以上おトクになります。

ETC乗り放題プランの有効期限は2日間

「かんぽの宿浜名湖三ケ日 宿泊商品券付ドライブプラン」には、東京都・神奈川県発着と愛知県・岐阜県発着とETC乗り放題のみの3種類が用意されています。ETC乗り放題エリアについては、愛知県・岐阜県発着の場合豊川IC・新城ICを含む静岡県内で、東京都・神奈川県発着はこれに加え足柄スマートICも利用可能です。

東京都・神奈川県発着の場合、発着ICは八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・上野原ICで囲まれた路線になり、有効期限は2日間で価格は普通車5000円です。

愛知県・岐阜県発着の場合、発着エリアは土岐IC・土岐南多治見IC・豊田東IC・東海IC・養老IC・養老スマートIC・大垣西IC・関ICで囲まれた路線です。有効期限は2日間で価格は4600円。また、ETC乗り放題のみの場合はやや狭い新富士IC・富士IC以西の静岡県内路線が対象で、有効期限は2日間、価格が普通車3600円になります。


往復でETC乗り放題プランの方が割安

3種類それぞれについておトク度を調べてみると、東京都・神奈川県発着の場合、最も近い大井松田IC~三ヶ日ICの通行料金が休日割引で普通車片道3260円になり、普通に往復するだけで約1500円プラン利用の方が割安です。当然ながら、東京ICや八王子ICなどから利用すればさらにおトク度はアップします。

一方、愛知県・岐阜県発着の場合、三ヶ日ICまでの距離が近いため、休日は一宮IC~三ヶ日ICのような場合でもプラン利用はかえって割高になります。御殿場プレミアムアウトレットでショッピングを楽しみ、その帰りに「かんぽの宿 浜名湖三ヶ日」で疲れを癒やす、といった活用方法に向いているといえます。

また、ETC乗り放題のみについては、静岡IC~三ヶ日ICが休日割引で片道普通車1770円なので、プラン利用とほぼ差がありません。平日に利用するか、御前崎方面へ足を延ばすなど、静岡県内で高速道路を何度も乗り降りするドライブ向きのETC乗り放題プランといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事