ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

単純往復でも割安な浜名湖のETC乗り放題プラン

浜松の西側に広がる浜名湖に面した舘山寺温泉。その名前の由来になった舘山寺にほど近く、屋上の展望露天風呂からの絶景が人気の「舘山寺サゴーロイヤルホテル」の宿泊と高速道路のETC乗り放題がセットになったプランが、NEXCO中日本から発売中。年間を通じて楽しめる観光スポットが揃う浜名湖観光に活用できそうです。


単純往復でも割安な浜名湖のETC乗り放題プラン

宿泊券とETC乗り放題のセットプラン

「舘山寺サゴーロイヤルホテル 宿泊商品券付きドライブプラン」は、静岡県浜松市にある同ホテルの宿泊券1万円分とETC限定高速道路乗り放題がセットになったプラン。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録と同ホテルの1泊2人以上の予約が必要で、申し込みは宿泊日の7日前までとなっています。

舘山寺サゴーロイヤルホテルの宿泊に関してはWebサイトや電話による直接予約のみの対応で、浜名湖サンセットクルーズや遊園地「浜名湖パルパル」の無料入園券とセットなど、同ホテルが用意するさまざまな宿泊プランがすべて利用可能です。なお、宿泊料金の決済は現地で直接行うことになります。

宿泊部分については、宿泊券1万円分を同額で購入する形になるため割引はありませんが、ラウンジで宿泊人数分のコーヒーが無料サービスとなる特典があります。一方で、ETC乗り放題はどの程度メリットがあるのでしょうか。

発着IC別に3パターンのETC乗り放題

ETC乗り放題については、発着ICと乗り放題エリアの組み合わせで3パターンがあります。まず、発着ICが高井戸IC・東京IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・上野原IC・八王子ICに囲まれた路線で、足柄スマートIC・富沢IC・新城IC・豊川ICで囲まれたエリアがETC乗り放題になるプランは有効期間2日間、価格は普通車5000円です。

次に、発着ICが高井戸IC・東京IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・相模湖IC・八王子ICに囲まれた路線に加え小田原厚木道路・西湘バイパスとなり、ETC乗り放題エリアが足柄スマートIC・土岐IC・五斗蒔スマートIC・岐阜各務原IC・岐阜羽島IC・名港中央ICに囲まれた路線とより広がったプランの場合、有効期間2日間の場合は普通車6300円、3日間では普通車7000円です。

また、愛知県・岐阜県発着のプランもあり、発着ICは土岐南多治見IC・土岐IC・関IC・大垣西IC・養老スマートIC・養老IC・東海IC・音羽蒲郡IC・豊田東ICで囲まれた路線で、ETC乗り放題エリアは足柄スマートIC・富沢IC・新城IC・豊川ICで囲まれた路線となります。こちらの有効期間は2日間で、価格は普通車4600円です。


休日往復はETC乗り放題プランが割高

さっそく、各ETC乗り放題プランのおトク度を見ていきましょう。まず、東京都・神奈川県発着の2プランについては、舘山寺サゴーロイヤルホテルの最寄りIC・舘山寺スマートICへ最も近い大井松田ICとの片道料金でも休日割引で普通車3240円なので、ETC乗り放題エリアが狭いプランの利用であれば往復約1500円割安です。

ETC乗り放題エリアが愛知県・岐阜県まで広がるプランの場合、単純往復だけではおトク度は低くなりますが、もともと名古屋観光などと組みあわせたドライブ向けプランともいえます。そこで、東京IC→舘山寺スマートIC→名古屋IC→東京ICといった利用を考えた場合、休日割引の通行料金は合計11400円となり3日間用でも4400円割安です。

一方、愛知・岐阜県向けETC乗り放題プランの場合、休日利用で単純往復ならETC乗り放題プランの方が割高です。ただし、静岡県内のNEXCO中日本路線がETC乗り放題になる強みを生かし、静岡方面まで足を延ばすケースでは大幅に割安となるので、そのようなドライブ向きのETC乗り放題プランといえます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事