ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC高速料金50%オフ「ドライブパック」とは?

NEXCO中日本は「速旅」というブランドでさまざまな施設とタイアップしたETC乗り放題プランを販売中です。しかし、それ以外に日本旅行が提携ホテル・旅館の宿泊向けにETC乗り放題の「ドライブパック」を提供中です。しかもホームページには「ETC高速道路料金が約50%OFF」と記載。そのおトク度を見ていきます。


ETC高速料金50%オフ「ドライブパック」とは?

ETC乗り放題はETCカード番号を登録

NEXCO中日本と日本旅行の共同企画では、ETC高速道路乗り放題と旅館・ホテルがセットになったプランを「ドライブパック」として販売中です。利用には日本旅行の会員登録が必要ですが、初回利用時に登録作業が行える仕組みになっています。

ETC高速道路乗り放題部分については、東京都・神奈川県発着のものが「伊豆プラン」など5種類。愛知県・岐阜県発着についても同じく「飛騨高山・白川郷プラン」など5種類が用意され、加えて発着IC指定のない「伊勢・志摩プラン」が用意されています。

いずれのプランも、ETC乗り放題の有効期間は2日間で、料金は宿泊料金と合わせてクレジットカードで決済されます。また、宿泊予約の完了後に届くメールアドレスに書かれたURLからETCカード番号を利用前々日までに登録する必要があり、これを忘れるとETC乗り放題が適用とならないので要注意です。

ETC乗り放題はおおむね5000円前後

ドライブパックの説明には「旅行代金には、宿泊と、約半額になった高速道路料金が含まれます」と記載。実際にどの程度、高速料金がおトクになるのか、舘山寺・浜名湖プランを例に見ていくことにします。このプランの場合、出発ICが八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・上野原ICで囲まれたエリアとなっていて、乗り放題区間は御殿場IC~豊川IC・新城ICです。

ETC乗り放題部分の価格は普通車5000円となっていますが、実際の料金は宿泊分と合わせたものとなります。そこで、日本旅行以外の宿泊サイトと料金を比較してみたところ、ETC乗り放題部分はおおむね5000円前後と考えて間違いなさそうです。

選べるホテルには「舘山寺サゴーロイヤルホテル」など、舘山寺温泉のホテルがいくつかあり、これらの最寄りICは舘山寺スマートICになります。東京IC~舘山寺スマートICの通行料金は平日普通車片道が5900円で往復1万1800円。ドライブパック利用の方が単純計算で約58%割安という計算になります。


ETC休日割引とETC乗り放題を比較

しかし、週末にドライブすることを考えた場合、ETC休日割引の往復は8840円となり、割引率は約43%に下がります。さらに、舘山寺・浜名湖プランには「焼津グランドホテル」など静岡県中部のホテルも含まれ、東京IC~焼津IC往復での高速利用では、ETC休日割引の往復は6960円と割引率が約28%と、さらにおトク度が低くなてしまいます。

また、プランによっては宿泊するホテル・旅館の立地関係から利用が難しいものも存在。例えば東京都・神奈川県出発の愛知・静岡・神奈川プランの場合、ETC乗り放題エリアには岐阜県・愛知県まで含まれますが、ホテル・旅館はいずれも静岡県内の設定です。

もちろん、1日目は掛川城へ行き浜松へ宿泊。2日目は名古屋城・犬山城まで足を延ばすといった城巡りドライブであれば、おトク度は高くなります。ドライブパックは、訪れたい場所と宿泊するホテル・旅館をうまく組み合わせることでおトク度がアップするETC割引サービスといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事