ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速道路の料金支払い以外のETCカードの使い道

「ETCカード」といえば基本的に高速料金を支払うために使うものですが、実は高速道路の外でも使えるサービスがいくつかあります。まだETCカード自体で料金を支払えるものはありませんが、駐車場やガソリンスタンドなどでETCカードによる認証を行っている場所が存在しているのです。


高速道路の料金支払い以外のETCカードの使い道

ETCカードを利用した駐車場サービス

もともと、高速道路の料金支払い用に開発されたETCですが、民間企業がETC車載器番号を利用できる「利用車番号サービス」という仕組みが用意されています。現在、利用車番号サービスを活用して、自動車を認識する駐車場が大阪に2か所、岡山に1か所運営中です。

大阪の2か所は駐車場大手のタイムズ(パーク24)が「ETC決済サービス」として提供しているもの。大阪市中心部の長堀駐車場と桜橋駐車場が対象で、事前登録制です。その際、ETC車載器番号・車検証のコピー・セットアップ証明書のコピー・決済用のクレジットカード番号が必要になります。

登録した自動車にETCカードを挿した状態で駐車場に進入すると、ゲートが自動的に開く仕組みで、出るときも同様。利用料金は登録クレジットカードに月単位で請求されます。岡山で営業中の「Q Parking」も同じように事前登録制で、こちらは口座引き落としまたは請求書払いです。

ETCカードで高速道路の外で給油する

また、ETCカードを高速道路外で利用できるパターンとして、NEXCO東日本・中日本が実施している「路外給油サービス社会実験」というものがあります。こちらは、高速道路を一旦降りて高速外にあるガソリンスタンドを利用して戻った場合も、連続走行扱いにしてくれるサービスです。

現在、社会実験の対象となっているのは東北自動車道十和田IC(下りのみ)・磐越道新津IC・東海縦貫道福光ICの3か所。いずれも、利用可能なガソリンスタンドが指定されていて、スタンドに到着した時点でETCカードの確認を行うほか、1時間以内にICへ戻らなくてはいけない、という条件があります。

なお、同様に給油のために降りても連続走行になるICとして道東道十勝清水ICがありますが、こちらはETC限定ではなく現金・クレジットカードでもOK。利用するガソリンスタンドの指定もありません。


ETC2.0なら「道の駅」も利用可能

さらに、ETC2.0限定になりますが、IC近くにある「道の駅」を利用した場合、1時間以内であれば高速道路の外に出ても連続走行扱いになる「賢い料金」というサービスもあります。こちらは、現在全国20か所のICと道の駅で実施中です。

「賢い料金」では、道の駅側にもETCゲートが設置されていて、ここを通過したかどうかで道の駅の利用を判定する仕組み。つまり、道の駅のETCゲートを通過しさえすれば1時間を自由に使うことが可能です。

道の駅自体が観光施設でもあるため、そこでゆっくり食事やショッピングを楽しむことはもちろん、近くのコンビニに立ち寄ったりガソリンスタンドで給油するのもOK。また、対象となっている舞鶴道小浜ICで降り、近くにある古刹・妙楽寺を訪れるといった活用法もあります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事