ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC乗り放題プランで秋の北陸をドライブする

富山県の高岡は、高岡観音をはじめとする観光スポットが多数存在。また、富山・金沢両都市への観光アクセスにも便利です。その高岡市中心部にあるホテル「ホテルニューオータニ高岡」の宿泊と、ETC乗り放題をセットにしたプランが販売中。秋の北陸ドライブに活用したいETC乗り放題プランです。


ETC乗り放題プランで秋の北陸をドライブする

ETC乗り放題でお買い物券も選択可能

NEXCO中日本が販売中の「ホテルニューオータニ高岡宿泊商品券付ドライブプラン」は、同ホテルの宿泊商品券1万円分とETC限定高速道路乗り放題がセットになったプラン。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、利用7日前まで申し込みを受け付けています。

このETC乗り放題プランを利用するには、あらかじめ同ホテルを1泊1室2人以上での予約が必要で、シングルルーム利用は対象外。また、予約方法はWebまたは電話での直接申し込みのみで、宿泊代金は現地決済で行うことになります。

宿泊商品券1万円分は同額で購入・利用するため、ホテル宿泊分についての割引はありません。ただし、オプションとして小矢部川SA(下り)で使えるお買い物券を選ぶことも可能で、こちらは2200円分が2000円で購入できます。

ETC乗り放題プランは3種類を用意

ETC乗り放題部分については、発着ICと乗り放題エリアの違いで3種類を用意。発着IC指定なしの場合、ETC乗り放題区間は北陸道富山IC~福井IC・東海北陸道小矢部JCT~飛騨清見IC・能越道となり、有効期間2日間用の価格が3300円、3日間用が4500円です。

また、発着ICが土岐IC・豊田東IC・音羽蒲郡IC・東海IC・養老IC・養老スマートIC・大垣西IC・関ICに囲まれたエリア、ETC乗り放題エリアが砺波IC・五斗蒔スマートIC・関広見IC・福井ICで囲まれた路線の場合、有効期間2日間用が普通車4500円、3日間用が4800円となります。

さらに、発着ICが上記プランと同じで、ETC乗り放題エリアが北陸道金沢西IC~朝日IC・東海北陸道小矢部JCT~飛騨清見ICとなるものも用意されていて、こちらは有効期間2日間用のみで価格は5700円です。


レンタカー向けのETC乗り放題プラン

各ETC乗り放題プランのおトク度を休日利用前提で見ていくと、まず発着地指定ICなしについては、レンタカー利用を想定したものといえます。例えば、関西方面からJR福井駅まで向かい、レンタカーで金沢・高岡を訪れるドライブであれば2日間プランを使うと1000円以上おトクになります。

また、発着IC指定の場合、2プランとも能越道が乗り放題に含まれていません。そこで、NEXCO中日本利用分について見ていくと、一宮IC~小矢部JCT間の通行料金が休日片道普通車で3280円となり往復6560円。愛知県方面からのドライブであれば、いずれのプランを選んでも割安です。

このため、ドライブで訪れたいエリアによってETC乗り放題プランを選ぶことになります。ちなみに、能登半島観光をメインとする場合、能登半島内の高速道路はいずれも無料開放されているので、より価格が安いETC乗り放題プランの利用がおすすめです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事