ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

割安な「ETC乗り放題プラン」でさらに得する方法

現在、NEXCO東日本・中日本が発売するETC限定高速道路乗り放題プランは、活用次第で高速料金を大幅に節約できます。しかし、さまざまなルールがあるため、知らずに使うと思わぬ追加料金が発生してしまうことも。主なルールをまとめたので、これを頭に入れつつETC乗り放題プランをフル活用しましょう。


割安な「ETC乗り放題プラン」でさらに得する方法

ETC乗り放題プランの対象外になる

発着ICのエリアが指定されているETC乗り放題プランの場合、行き帰りともエリア内のICを利用しないとダメということです。例えば、圏央道の八王子西ICから南側が指定になっている場合、あきる野ICを出発にするとETC乗り放題対象外なので、一旦八王子西ICでの乗り直しが必要になります。

ただし、行きと帰りの発着ICは同じでなくてもOK。例えば「八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・上野原ICに囲まれた区間」と指定されていた場合、行きは首都高経由で高井戸ICを通過、帰りは東名高速利用で東京ICで降りる、といった活用方法も可能です。

そしてもうひとつ、ETC乗り放題エリアに入った場合、最初にエリア内のICで降りないと乗り放題対象外になってしまうところも注意点。発着ICは指定通りでも、乗り放題エリアを通過して対象外ICで降りた場合、その走行はすべてETC乗り放題対象外になってしまいます。

ただし、これは最初に降りるICだけの制限で、一旦ETC乗り放題エリアへ入ったあとであれば、対象外エリアに一旦出ても差額を払えばOK。ETC乗り放題対象エリアが藤岡JCT~碓氷軽井沢ICとなっていて松井田妙義IC~佐久平ICまで往復した場合、碓氷軽井沢IC~佐久平IC分が追加料金になります。

ETC乗り放題プランの時刻カウント

なお、ETC乗り放題プランの有効期間は、始まりがETC乗り放題エリア内で最初乗り降りをした時刻から、最後に乗った時刻まででカウントします。

すなわち、利用前日夜に出発して当日ETC乗り放題エリアで降りるのはOK。有効期間内の夜に最後のICで乗り、翌日早朝に帰着しても大丈夫です。割安なETC乗り放題プランを期間ギリギリまで使うことで、さらにお得に活用できます。

また、NEXCO中日本が発売するETC乗り放題プランの一部では、セットになる施設利用クーポンの受け取りにスマホ・タブレットでの認証が必要になるものがあります。同社サイト内で「スマホ・タブレット限定」と書かれているプランがそれです。

この場合、プラン申し込み時に届くメールに書かれたURL、または同社会員サイト「速旅」の会員情報から申込確認証を表示。そこに指定の受取先で教えてもらう認証番号を入力し、NEXCO中日本のサーバーので認証作業を行ったうえでクーポンを発行する仕組みになっています。

この作業を行うためには、スマホ・タブレットをただ持って行くだけでなく、ネットへ接続できる環境が必要です。指定の受け取り先に必ずしもWi-Fi環境が整っているとは限らないので、携帯電話契約があるスマホ・タブレットを持って行くようにしましょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事