ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都高速を「迂回して適用」されるETC割引とは?

東京都心を通る首都高速は使いこなせば便利なものの、急カーブや複雑な分岐が多く、走るのが怖いという人も多いでしょう。それでも、高速料金を節約するために渋々首都高速を使っているドライバーもいるはず。実は、その心配は無用。ETCを使うことで、外環道や圏央道へ迂回しても首都高速ルートと同じ料金になるETC割引があるのです。


首都高速を迂回して適用される「ETC割引」がある

ETC割引で首都高速経由の料金になる

NEXCO東日本・中日本と首都高速が2016年4月1日から導入した新料金システムでは「起終点を基本とした継ぎ目のない料金」という考え方が採用されています。これは、首都高速を迂回して外環道・圏央道を利用する場合、首都高速利用と同じ料金まで割り引く…という内容です。

元々、NEXCO3社の通行料金には、複数ルートがあった場合、一部例外を除き実際の走行と関係なくもっとも安いルートで計算するという仕組みがあります。しかし、途中に首都高速が入るルートに関しては、このルールの適用外になっていました。

この状態では、東名高速から常磐道方面へ抜けるようなケースでは首都高速経由が最短料金となり、都心に用事がない自動車も首都高速へ集中。せっかく迂回ルートの外環道や圏央道が開通したのに、首都高速の渋滞が解消されないという問題が残ってしまいます。

そこで「起終点を基本とした継ぎ目のない料金」では首都高速経由がもっとも安いルートの場合に「ETC限定で外環道や圏央道へ迂回した際も通行料金は首都高速経由で計算する」というルールになりました。例えば、厚木IC~谷田部ICの通行料金は、ルートに関わらず首都高速経由で計算した普通車3770円です。

迂回のETC割引が適用されないケース

この迂回を利用する注意点として、発着いずれかのICが「首都高速・外環道・京葉道路」にあると、このETC割引は適用にならないということです。中央道八王子IC~外環道草加ICを走行する場合、圏央道~関越道~外環道というルートで走行すると実際に通過した路線の通行料金になります。

このケースでは、圏央道~関越道~外環道の通行料金は普通車3220円です。一方、中央道~首都高速~外環道と走行すると2270円で、迂回走行では通行料金が1000円近く割高になってしまいます。

また、京葉道路・東京湾アクアライン経由のルートが一番安い場合、その料金までは割引されません。例えば、八王子ICから成田空港へ向かう場合、首都高速と京葉道路を使うルートが一番安くなりますが、圏央道へ迂回した際の料金は中央道~首都高速~東関道の料金で計算されます。

なお、元々圏央道や外環道へ迂回した方が通行料金が安い場合、そのままの料金が適用になります。これは、東名高速方面から中央道方面へ抜けるように首都高速利用が遠回りとなるとき、そして首都高速を利用すると長距離割引が少なくなるケースのふたつが考えられます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事