ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

往復だけでも割安!宿泊券付きETC乗り放題が発売

愛知県の知多半島は、冬場でも比較的暖かいため、首都圏や名古屋圏からドライブで訪れる人も少なくありません。その知多半島南側の海沿いに立つ「かんぽの宿」と首都圏発着のETC高速道路乗り放題をセットにしたプランがNEXCO中日本から発売中。往復だけでもおトク度が高いETC乗り放題プランです。


往復だけでも割安!宿泊券付きETC乗り放題が発売

ETC乗り放題と宿泊券1万円分がセット

「かんぽの宿知多美浜 宿泊商品券付ドライブプラン」は、愛知県美浜町にある同施設の宿泊商品券1万円分とETC高速道路乗り放題がセットになったプラン。購入にはNEXCO中日本の会員サービス「速旅」への事前登録が必要で、利用7日前まで申し込みを受け付けています。

ETC乗り放題プランを利用するには、あらかじめ同ホテルを1泊2食付きでWebまたは電話で直接予約する必要があります。なお、1泊2食付き以外には制限はなく、ふぐ会席など多彩な宿泊プランから選ぶことが可能です。

なお、宿泊商品券については、1万円分を同額で購入する形となるため割引はありません。それでは、ETC乗り放題はどれくらいお得なのでしょう。

単純往復でもETC乗り放題プランが割安

ETC高速道路乗り放題分は発着IC指定となっていて、八王子西IC・高井戸IC・東京IC・藤沢IC・茅ヶ崎海岸IC・大井松田IC・相模湖ICに囲まれた路線と西湘バイパス・小田原厚木道路となっています。

また、ETC乗り放題エリアは足柄スマートIC・名港中央IC・岐阜羽島IC・岐阜各務原IC・五斗蒔スマートIC・土岐IC・富沢ICに囲まれた路線になります。有効期間は2日間と3日間の2種類あり、価格は2日間用が普通車6300円、3日間用が7000円です。

このETC乗り放題プランのおトク度を休日利用前提で調べてみると、首都圏方面からかんぽの宿知多美浜へ行く場合、伊勢湾岸自動車道大府ICで降りることになります。発着ICのなかで大府ICに最も近い大井松田ICとの往復が休日普通車8380円なので、3日間用でも1000円以上、ETC乗り放題プランの方が割安です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事