ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新たに開通する新東名で初乗りドライバー募集中

予定より遅れているものの、新東名高速は海老名JCT~豊田全線開通に向けて建設が進んでいます。そのうち、3月7日に開通予定の伊勢原JCT~伊勢原大山IC間について、初乗りへ参加するクルマ5台を募集中です。応募多数の場合は抽選となりますが、参加すると通行証明書と記念品のプレゼントもあります。


新たに開通する新東名で初乗りドライバー募集中

新東名の大山伊勢原ICを最初に通行

NEXCO中日本では、現在建設中の新東名高速伊勢原JCT~御殿場JCTのうち、伊勢原JCT~伊勢原大山IC間について2020年3月7日に開通すると発表。伊勢原大山ICについては、料金所を15時からオープンする予定です。

開通にあわせ、同社では大山伊勢原ICの料金所を最初に通行する自動車5台を募集中。参加したドライバーには、通行証明書と記念品がプレゼントされます。

応募方法は郵便はがきのみの受付となっていて、はがきに住所・氏名・年齢・当日連絡がとれる電話番号と、利用予定の車種・ナンバーを明記して応募します。なお、応募はがきは1人1枚までで、締め切りは2020年2月25日(必着)となります。

新東名の大山伊勢原IC開通前に贈呈式

通行証明書・記念品の贈呈式は、新東名の伊勢原大山ICが開通する1時間前の14時から行われ、集合時間・集合場所等については別途案内するとのこと。また、応募者多数の場合には抽選となり、当選したドライバーには説明とあわせ整理券を簡易書留で3月2日頃に発送予定で、参加にはこの整理券が必要です。

また、当選した5台の走行順については、当日くじ引きで決定するとのこと。つまり、本当に一番乗りを果たすには2度の抽選をクリアしないとダメ、ということになります。

高速道路路線の開通はそれほど数多くあるわけではなく、初日の走行は人気イベントです。前日からの徹夜組が出たりするケースもありますが、今回は抽選。運次第で待ち時間もそれほどなく参加可能です。

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?
高速料金が1割引きになる「ETCマイレージ」とは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事