ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

新東名120キロ区間を走る車両のスピードは?

2019年3月、新東名高速道路の一部区間で制限速度が時速120キロに引き上げられました。制限時速120キロ区間がスタート試行開始の1か月半後、時速90キロオーバーの時速210キロで走行したとして男が逮捕されたニュースはまだ記憶に新しいところ。現地に赴き実際に走行し、往来する車両の実速度を確かめてきました。


新東名120キロ区間を走る車両のスピードは?

新東名とともに東北道でも120キロ制限

2012年の御殿場JCT~三ヶ日JCT間の開通以後、東へ西へ順調に延伸を続ける新東名高速道路。2019年現在、海老名南JCT~豊田東JCTまで延び、確実に東名高速道路の補完を進めています。

今回のターゲットは、2019年3月1日より最高速度が時速110キロから時速120キロに引き上げられた、新静岡IC~森掛川IC間の約50kmの「規制速度試行区間」です。

静岡県警は、2017年11月から最高速度を試験的に時速110キロに引き上げて、試行運用の前と後での平均速度の上昇率や交通事故の発生状況を1年間分析し、一定レベルの安全性が確認されたので、さらに速度を引き上げたとしています。

1年間はこの時速120キロ制限を続けて、再度分析するものと思われます。なお、新東名とともに、東北自動車道の盛岡南IC~花巻南IC間の約27kmでも時速120キロ制限の試行がスタートしています。

新東名120キロ区間は80キロ制限も混在

今回の調査では、実際に新東名の規制速度試行区間を往復して、ルート内容と他の車両の走行状況をフィールドチェック。その後、場所を固定してスピードガンによる走行速度の計測を実施しました。

区間開始の何十kmか手前から、電光掲示板やPAのトイレなどに告知が出始めます。数km手前からは、蛍光イエローの目立つ看板「◯◯m先規制速度試行区間」が立っていました。

ドライバーに注意を促すのは、最高速度が国内初となる時速120キロの区間であることはもちろん、その区間でも時速80キロ制限の大型貨物自動車が混在する点です。

東名や新東名は貨物輸送が多いので、トラックが数珠つなぎになると追い越し車線まで混雑が影響して、時速120キロをキープできない場面もあるため、車間距離を十分空けるように警告しているわけです。


新東名は120キロ以下の車両がほとんど

実際、先が見えにくいトンネル内で遅いクルマがいてヒヤリとすることもありました。元々、新東名は想定時速120キロの設計。トンネルは多いものの、区間内にきついカーブは全くありません。

ところが、「制限速度+10キロとして時速130キロぐらいで走行する車両が多いのでは?」という予想は見事に裏切られました。数台に1台ぐらいは飛ばすクルマ(推定時速130~140キロ)がいるものの、ほとんどは時速120キロ以下で走っていたのです。遅いトラックも目立つので、安全運転を心がけている人が多いのでしょう。

このほか、NEXCOのパトロールカーが第1走行車線を気持ちいいぐらいに正確に時速80キロジャストで走行していたのが印象的でした。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事