ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

人混み脱出を目指して「ETC休日割引」フル活用

各地でイベント自粛が相次ぐなか、せっかくの休日なのに出かける場所がないと悩んでいる人も多いでしょう。逆に、こうした時期であるからこそ週末には人混みを避け、ひっそりとした観光地をドライブで訪ねるというのもひとつの方法です。そうした際に活用したいのが「ETC休日割引」です。


都心脱出を目指して「ETC休日割引」をフル活用

ETC休日割引は都会以外で30%オフ

NEXCO3社が行うETC割引のひとつ「ETC休日割引」は、土日祝日に首都圏・関西圏に設定された大都市近郊区間以外の路線について、通行料金が30%オフとなるものです。また、大都市近郊区間のほかに東京湾アクアライン・沖縄道・関門トンネルもETC休日割引の対象外となっています。

ETC休日割引の特徴は車種に制限があることで、乗用車が該当する「普通車」と軽自動車・自動二輪車の「軽自動車等」のみがの割引対象。大型トラックなどは平日昼間と同じ通行料金なので、わざわざ土日祝日を選んで走るトラックが増えることもありません。

また、ETC休日割引では首都圏・関西圏の大都市近郊区間が対象外になりますが「都会を離れて人が集まらない場所を目指す」ようなドライブであればデメリットも少ないでしょう。例えば、東京都心から中央道で松本方面を目指す場合、大都市近郊区間にあたるのは高井戸IC~八王子ICまでのわずかな区間のみです。

ETC休日割引で帰りが遅くなった場合

ETC休日割引は、土日祝日にETC利用で対象路線を走行すればOKというシンプルな仕組みなため、利用しやすいETC割引のひとつです。もし、帰りが遅くなってしまい日をまたいだ月曜になってしまっても、対象路線がより多くなる「ETC深夜割引」が適用されます。こちらの割引率も30%です。

また、大都市近郊区間が含まれないということで、ETC休日割引をフル活用するには「その区間は一般道を走った方がいい」と考える人もいるかもしれません。確かに、その方が通行料金自体は安くなりますが、そこまで神経質になる必要がないともいえます。

というのも、NEXCO3社が採用するETC休日割引の料金計算方法は、大都市近郊区間と普通区間を連続走行しても、損する仕組みにはなっていないからです。この場合、普通区間の走行距離分と1回あたりの利用料金150円が30%オフになります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事