ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC平日朝夕割引で在宅ワークに便利な場所は?

新型コロナウイルス感染が流行するなか、東京からちょっと離れて週1回程度の通勤。残りは在宅ワークで…といった働き方が注目されています。こうした場合、高速道路には通勤利用向けとして「ETC平日朝夕割引」という割引サービスがあり、割安に高速を使うことができるのです。


ETC平日朝夕割引で在宅ワークに便利な場所は?

高速道路利用と新幹線・特急を比較

高崎市・宇都宮市・水戸市といえば、それぞれ群馬県・栃木県・茨城県で人口最大の都市になります。地域の中心都市であるため、百貨店やショッピングモールをはじめさまざまなジャンルの店舗が揃うほか、東京都心に比べ駐車スペースが充実するなど自動車移動に便利な街です。

三市とも東京都心から約100kmの場所に位置するため、毎日都心へ通勤するにはやや厳しいところ。しかし、在宅ワークが中心で週1~2回出社するということであれば十分住みやすいともいえます。また、駅前という条件を外すなどで月10万円前後の一戸建て賃貸物件を探し出すことも可能です。

週1~2回の出勤にあたり、どの交通機関を利用するかは迷うところ。一番割安なのはJR線の普通列車利用ですが、2時間近くかかります。そこで、高崎、宇都宮であれば新幹線、水戸では常磐線特急を利用した場合と高速道路利用を比較して、どの程度の料金差があるかを調べてみます。

ETC平日朝夕割引の割引率は最大50%

高速道路を利用する場合、平日週1~2回の往復であればETCマイレージ会員になることでETC平日朝夕割引が適用になります。これは、NEXCO3社路線を6~9時・17~20時までに走行すると、毎月の利用回数に応じて最大100km分まで、翌月に通行料金として還元されるというものです。

ETC平日朝夕割引の割引率は月5~9回の利用で30%、月10回以上で50%と高いものですが、高崎・宇都宮・水戸からの通勤についてはひとつ問題があります。というのも、東京都心に近い区間がETC平日朝夕割引の対象外になる「大都市近郊区間」に設定されているためです。

大都市近郊区間となるのは、高崎からの場合は東松山IC以南、宇都宮は加須IC以南、水戸は成田IC以南。ETC割引率を最大の50%として三市の中心部から首都高・銀座ランプまでの高速料金を計算すると、高崎玉川スマートICから3270円、鹿沼ICから2900円、水戸南ICから2730円で、水戸からが一番割安です。


ETC平日朝夕割引で自動車通勤する

一方、新幹線・特急を利用した場合のJR料金は高崎・宇都宮~東京が普通車自由席で4490円、全車指定席の水戸~東京が普通車3890円となります。ガソリン代を片道1000円とすると、高崎・宇都宮・水戸ともに新幹線・特急を利用するよりも高速利用の方が東京都心への移動が割安という結果になりました。

ただし、東京都心へ自家用車で通勤する場合「駐車料金が高い」という都心ならではの事情があります。仮に都心のコインパーキングへ10時間駐車すると、場所によっては料金が6000円を超えることも…。路上駐車OKな場所は東京都心にほぼありません。

東京都心へ自家用車通勤をする際は、無料か格安の駐車場の確保が第一。それが可能であれば、高崎・宇都宮・水戸からは新幹線や特急で通勤するより、ETC平日朝夕割引を利用してクルマ通勤の方がおトクといえるでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事