ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

数少ない首都高のETC割引「都心流入割引」とは

ETCを利用すると休日・深夜割引などが受けられるNEXCO路線などと違い、首都高速にはETC割引サービスがほとんどありません。そうしたなか、数少ないETC割引サービスの1つが「都心流入割引」です。走行ルートによっては最大約200円割引になるので、東京都心との移動の際に活用しましょう。


数少ない首都高のETC割引「都心流入割引」とは

首都高が行っているETC割引は少ない

首都高速がETC限定で行っている「都心流入割引」は、首都高速東京線の外側と都心の間を移動する場合、都心環状線で最も近いランプまでの料金で計算するという割引サービスです。都心を通過するためでなく、本当に都心環状線を乗り降りに使う人向けのサービスといえます。

対象となる都心側ランプは八重洲線と都心環状線内で、郊外側は2号目黒線を除いた路線。東名高速方面と都心環状線間の場合、首都高速分の通行料金は東名高速接続地点~霞ヶ関ランプで計算した料金になり、普通車は610円です。

この場合、霞ヶ関ランプで降りても最も遠い江戸橋ランプで降りても同じ普通車610円となります。都心環状線の距離が1周約14kmあることから、利用ランプによって最大約200円の割引になるのです。

首都高のETC利用による都心流入割引

同じように、首都高速湾岸線神奈川区間・東京湾アクアライン方面とであれば川崎浮島JCT~芝公園ランプ、東関道方面は高谷JCT~芝公園ランプまでの料金となり、普通車の場合それぞれ730円、860円です。

そして首都高速埼玉線との接続地点は美女木JCT、横羽線とは羽田ランプにそれぞれ設定されています。さらに、首都高速東京線との接続地点より都心側のランプを利用した場合でも、東京線接続地点の料金より高くなる場合は都心流入割引が適用。例えば、3号渋谷線用賀ランプ~銀座ランプ間の通行料金は、東名高速と通しで走行したときと同じ普通車610円です。

なお、川口JCT経由で東北道方面~都心環状線間を走行する場合については、過去の経緯から割引設定が大きく普通車950円で、都心環状線の外側にある一ツ橋・飯田橋・箱崎・浜町・清洲橋の各ランプも利用可能。また、横羽線にある大師ランプもETC利用による都心流入割引の対象です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事