ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都高速を現金でもETC並み料金で利用する方法

首都高速のETC利用は「使うとお得」というレベルを超えて「必須」ともいえる料金システムになっています。というのも、ETCなしで利用するとちょっと乗っただけで1000円以上の通行料金になってしまうためです。ETCなしでも、何とか首都高速を損しないで走る方法はないのでしょうか。


首都高速を現金でもETC並み料金で利用する方法

首都高速の現金利用は上限料金が基本

首都高速の現金利用が割高になったのは、2016年4月1日からのこと。この日以降、ETC利用は首都高速の通行料金が上限ありの距離制に切り替わる一方、現金で利用する場合は一部例外を除き上限料金が適用されるようになりました。

ETC利用は上限料金のほか下限料金もあり、普通車の場合の下限料金は300円、上限料金は1320円です。このため、東池袋ランプ~飯田橋ランプのような短い距離の場合、普通車はETC利用で300円に対して、現金は1320円と4倍以上の通行料金になってしまいます。

これだけの料金差になると「首都高速はETC利用がとってもお得」に見えますが、実は違います。というのも、首都高速のETC料金は、距離あたりにすると東名高速の東京IC~厚木ICなどの大都市近郊区間の高速道路と同じ。つまり、ETC料金が安いのではなく、ETCなしの現金利用が非常に高く設定されているのです。

首都高速の現金利用でもETC並み料金

そんな首都高速をETCなしでおトクに利用する方法はあるのでしょうか。探してみると、ETCなしの現金利用の方が安いケースはありませんが、ETC並みの料金で首都高速を現金で利用する方法は存在します。

1つは、ETC利用でも上限料金に達するルートを走行するパターンです。計算上、35.7km以上になると上限料金に達するため、例えば霞ヶ関ランプから乗るケースでは埼玉線与野ランプや湾岸線磯子ランプまで走るとETC・現金ともに上限料金の1320円になります。

もう1つは、都心から放射状に延びる下り線の末端部分だけを利用するパターンです。例えば、3号渋谷線の池尻ランプから下り線に乗る場合、用賀ランプで降りるか東名高速へ抜けるかしか利用方法がないため、通行料金が池尻ランプ~東名高速接続部までとなり、普通車がETC利用360円で現金利用370円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事