ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

首都高速の料金をETC割引で20%オフにする方法

料金所をスイスイ通過できるという「ETC」のメリットが、最大限生かせるのは首都高速や阪神高速といった「都市高速」です。しかし、都市高速のETC割引は種類が少なく、首都高速・阪神高速には休日割引も深夜割引もありません。数少ないETC割引を活用して都市高速をお得に走る方法を紹介しましょう。


首都高速の料金をETC割引で20%オフにする方法

首都高速以外の都市高速のETC割引

現在、国内には「首都高速・阪神高速・名古屋高速・広島高速・北九州高速・福岡高速」の6都市高速があります。このうち、なんらかの形で走行時間帯によるETC割引があるのが名古屋高速・広島高速・北九州高速・福岡高速です。

名古屋高速には夜間割引と日曜・祝日割引があり、夜間割引については22~0時に走行すると10%オフ、0~6時が20%オフ。日曜・祝日割引は10%オフで、0~6時の走行は夜間割引が優先します。なお、走行時刻・曜日の判定は入口料金所・本線料金所で行う仕組みです。

広島高速では、曜日無関係に6~9時・17~20時の走行へ10%オフの割引があります。割引を受けるには、入口・出口いずれかの料金所通過時刻が割引対象の時間帯に入っていればOK。沼田ICのみに料金所がある4号線に限り、同料金所の通過時刻で判定をします。

ETCマイレージにも対応した都市高速

北九州高速は平日22~7時に走行すると20円割引。土曜は7~22時が10円、22~7時が20円、日曜は終日40円割引という仕組みです。また、福岡高速には土曜の7~22時の走行が40円割引、日曜日の終日と平日・土曜日の22~7時が70円割引となっています。

さらに、名古屋高速・広島高速・北九州高速・福岡高速はETCマイレージにも対応しており、会員登録でポイントが貯まります。ポイントは100円1ポイントが基本で、毎月の利用金額が5000円を超えるとポイントが加算する仕組み。貯まったポイントは100ポイント=100円でETCの通行料金として還元されます。

月5000円を超えた場合の加算ポイントは4都市高速とも共通で、5000~1万円分が3ポイント、1万~2万円分が6ポイント、2~3万円分が12ポイント、3万円を超えた分が19ポイントです。月に3万円を超え都市高速を利用するのは非現実的ですが、仕組み上は最大20%ポイント還元が受けられることになります。


首都高速は提携ETCカードで20%割引

走行時間による割引やETCマイレージがある4高速と違い、首都高速と阪神高速にはこれらの割引がありません。しかし、一般ドライバーでもETC割引を受ける方法があります。それは、イオンと提携したクレジットカードを利用してETCカードを発行する、というものです。

首都高速の提携カード「イオン首都高カード」では、ETCで首都高速を日曜・祝日に利用した場合、通行料金が20%オフ。さらに、首都高速にあるPAの売店で貯まるイオンカードのポイント「ときめきポイント」が5倍、首都高速道路が運営する駐車場が日曜・祝日に30分無料といったサービスもあります。

また、阪神高速の提携カード「イオンTHRU WAYカード」は、ETCで阪神高速を利用した通行料金が5%オフ。さらに、阪神高速のPAにある売店でときめきポイントが10倍、阪神高速が運営するWebショップ「スル太屋」でのショッピングが5%オフといったサービスも用意されています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事