ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCが「使えない」高速・有料道路が残る理由3つ

ETCを使い慣れてくると、高速道路や有料道路はETCが使えて当たり前と思いがち。しかし、全国各地の高速・有料道路にはETC対応でないところも数多く残っています。急に現金支払いに遭遇して、慌てた経験のある人は多いはず。そうした道路ではなぜETCが導入されていないのでしょうか。


ETCが「使えない」高速・有料道路が残る3つ理由

ETCが使えない有料道路が数多く残る

NEXCO3社と本四高速、そして首都高速をはじめとする都市高速道路は、1路線を除きすべて「ETC」が利用可能です。そもそもETC導入の目的は「時間帯料金の導入」「料金所渋滞を減らす」という2点。ETC導入には大きなメリットがあります。

しかし、それ以外の有料道路では、ETCが使えない路線が数多く残っているのが実状。こうした路線がETCを導入していない理由は、大きく分けると3つのパターンに分けられます。

1つは、箱根ターンパイクのように民間企業が道路を建設・運営しているケース。ETCは法律上、特殊会社であるNEXCO3社・本四高速・首都高速・阪神高速と都道府県や市町村が設立した道路公社以外の利用を想定していないので、ETC利用を進めるなら法改正が必要になります。

高いETC導入コストが理由で使えない

2つめは路線自体が短く、高速道路ネットワークに接続していないというケース。公営有料道路の通行料金は、建設費用をまかなうために徴収するもので、費用分が回収でき次第、無料開放されるのが建前です。

ETC導入コストは1レーンあたり6千万円ほどといわれています。ETC導入によりコストが増えてしまうと、その分徴収期間も延びてしまいます。こうした有料道路は渋滞が発生することが少なく、高いコストを支払ってまでETCを導入するメリットもあまりありません。

逆に、高速道路ネットワークにつながっている有料道路では、ETCが使える路線が増えてきます。東北道から直接乗り入れている日光宇都宮道路、山陽道と中国道を結ぶ播但連絡道路などがこのパターンにあてはまります。


料金が特殊なためにETCが使えない

そして、3つめは料金徴収の方法が特殊なためにETCが使えないというケース。NEXCO3社の路線で唯一、ETCが使えない関門トンネル、そして神戸市の湾岸地区を阪神高速3号神戸線と並行して横断するハーバーハイウェイなどです。

関門トンネルは、ほかの有料道路と違って建設費用の回収ではなく道路の維持管理のために料金を徴収する仕組みで、通行料金自体が低い設定。ETCを導入すると通行料金の値上げにつながる可能性も高いことが、いまだETC利用に消極的な理由といわれています。

ハーバーハイウェイの場合、港内のコンテナ輸送向けに特別割引があり、ETC導入を難しくしていました。しかし、料金所渋滞が問題になっているため、神戸市道路公社によるETC導入の検討がスタートしています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事