ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

最大50%還元「ETC平日朝夕割」で得する走り方

高速道路のETC割引で、最強ともいえるのが「ETC平日朝夕割」です。平日の朝と夕方に高速道路を複数回利用することで、最大50%の還元が受けられます。30%割引のETC休日割引やETC深夜割引以上に高速料金が安くなるケースもあるのです。ETC平日朝夕割について詳しく見ていきましょう。


最大50%還元「ETC平日朝夕割」で得する走り方

ETC平日朝夕割にはETCマイレージ登録

NEXCO3社が行っている「ETC平日朝夕割」は、祝日を除いた月~金曜日の6~9時・17~20時に高速道路を利用した場合、利用回数に応じた還元が受けられるというサービスです。

一般のETCカードでは、ETC平日朝夕割の還元は「ETCマイレージ」の仕組みを使って行われます。ETCマイレージへの会員登録をすれば、ETC平日朝夕割は自動的に計算されて適用されます。

ETC平日朝夕割の対象路線は東京・大阪近郊で大都市近郊区間に指定されている区間以外で、最大100km分相当が還元対象です。還元率は毎月の対象路線利用回数で決まり、5~9回で30%、10回以上が50%です。また、1日で還元対象となるのは朝1回、夕方1回のみで、利用回数のカウントについても同様です。

ETC平日朝夕割は違うルートでも対象

ETC平日朝夕割の還元の仕組みから、地方部で高速道路を利用して通勤している人にはピッタリのサービスといえます。しかし、ETC平日朝夕割は毎日同じルートを走行する必要はありません。朝に宇都宮IC~矢板ICを走り、その日の夕方に矢板IC~白河ICまで走ってもそれぞれ1回にカウントされます。

また、大都市近郊区間は対象路線外ですが、連続してそれ以外の区間(普通区間)を走れば、その部分については平日朝夕割の還元が受けられます。このときの時間判定は、大都市近郊区間部分もあわせて行うため、例えば8時59分に東京ICから乗った場合でも厚木ICより西側の利用分が還元対象になるのです。

なお、ETC平日朝夕割引とETC深夜割引の両方受けられる時間帯に走行した場合、ETC深夜割引の方が優先されるため注意が必要です。ETC深夜割引は、大都市近郊区間でも一部路線を除き適用される便利なサービスですが、ETC平日朝夕割で50%還元を受ける方が割引率で上回るケースも出てきます。


ETC平日朝夕割は最大45%割引になる

ETC平日朝夕割は、通勤のように還元対象路線のみを100km以内で何度も走るドライバーが一番お得。割引率で計算しなおすと50%還元は約45%割引、30%還元が約27%割引ですが、ETC休日・深夜割引並みかそれ以上に割安です。

逆に、100kmを超えて走る場合、実は距離が長くなればなるほど、ETC平日朝夕割の還元金額が下がっていきます。細かい計算式は省きますが、距離が100kmの妙高高原IC~小諸御影ICでは50%還元が1430円なのに対し、還元対象区間が400km近くある東京IC~西宮ICは50%還元でも1060円に減ってしまうのです。

また、東京・大阪に住むドライバーは当然還元対象外の利用が多く、有利とはいえません。とはいえ、郊外まで3往復すれば30%対象になる上、大都市近郊区間や首都高速・阪神高速でも還元金額の利用はできます。都心のドライバーもとりあえずETCマイレージ登録しておいて損はないでしょう。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事