ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

事前登録しないと受けられない「ETC割引」とは

ETC割引には、単にETCを利用するだけでは受けられず、事前に登録が必要となるものがあります。その代表例が「ETCマイレージ」で、会員になっているかどうかで高速料金が10%近く変わってしまいます。事前登録しないと受けられない受けられないETC割引を確認しておいて損はないでしょう。


事前登録しないと受けられない「ETC割引」とは

ETC割引のポイントプラグラムがある

NEXCO3社が提供するETC割引で代表的なものが「ETC休日割引」と「ETC深夜割引」です。ETC休日割引は、NEXCO東日本・西日本が指定する大都市近郊区間以外を土日祝日に利用すると適用されるもので、通行料金が30%オフになります。

また、ETC深夜割引については曜日に関係なく0~4時に高速道路を利用した場合に通行料金が30%オフとなるもの。こちらは横浜横須賀道路など一部路線を除き、大都市近郊区間も対象です。そして、いずれのETC割引もETCを利用すればとくに登録不要で自動的に割引を受けられます。

一方の「ETCマイレージ」は会員限定のポイントプログラムで、事前登録が必要です。こちらは、高速道路の利用料金・回数に応じてポイントが貯まり、手続きを行うことで通行料金として還元されるサービスです。

現在、ETCマイレージのポイントが貯まるのはNEXCO3社(仙台松島道路を含む)と本四高速・名古屋高速・愛知県道路公社・神戸市道路公社・広島高速・福岡高速・北九州高速。還元された通行料金はこれらの会社に加え、阪神高速他12社で利用可能です。

事前登録で別のETC割引が自動適用

ETCマイレージの登録方法はWeb上から行うもの、SA・PAなどに用意された申込用紙を郵送するものの2種類があります。郵送は会員登録へ時間がかかるのに対し、Web登録の場合は申し込み当日からETCマイレージが利用可能です。

Web登録の場合、ETCカードのほかに、自家用車のナンバーとETC車載器管理番号の入力が必要で、この両者が車載器セットアップ時の情報と一致しないと登録できないので注意が必要です。

さらに、ETCマイレージに登録することで、別のETC割引サービス「平日朝夕割」が自動的に適用となります。これはNEXCO3社(大都市近郊区を除く)と本四高速が行っていて、平日朝6~9時・夕方17~20時の利用回数に応じて、利用料金の最大50%が還元されるものです。

利用回数・還元金額については、NEXCO各社は3社分まとめて計算され、本四高速は1社独自で実施。また、平日朝夕割の還元はETCマイレージとは別計算なので、条件が揃えば両方の割引サービスが同時に適用されます。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事