ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

車のルームランプを白色LEDに交換して明るさ向上

車のルームランプで気になるのが色と明るさです。電球のオレンジ色は目に優しいのですが、その反面、暗さを感じてしまうのも事実。それなら白色のLEDに変えてしまいましょう。ルームランプの交換はとても簡単で、カバーを外し、バルブを交換するだけです。段違いの明るさで快適空間に早変わりします。


車のルームランプを白色LEDに交換して明るさ向上

ルームランプのLED化で探し物が楽

今回、ルームランプをカスタマイズするのは日産「NV150AD」、通称「ADバン」です。ルームランプの交換対象は、運転席灯・助手席灯・車内中央灯・ハッチバック灯の計4か所になります。

最近では中華製の安価なLEDが出回り、車種専用キットも豊富にラインアップ。誰でも簡単にカスタムができるようになりました。

用意したのはHJOの「Y12 ADバン/ADエキスパートLED ルームランプ4点セット」です。セット内容はフロント(G14)×2、センター(T10×31端子)×1、リア(T10)×1。発光体数は計135発で、実勢価格は1,660円です。計135発のLEDで照らすことで、車内作業や探し物がグッと楽になります。

ルームランプはカバーを戻す前に点灯

ルームランプのカバーはマイナスドライバーなどでも取り外し可能。今回は傷防止のため、Amazonで購入したプラスチック製のリムーバーを使用しました。

続いて、バルブを入れ替え、伸びたコネクタにLED発光基板を接続します。その後、基板裏を両面テープで固定。中央灯のバルブはマルチサイズT10を採用しています。バネを指で縮めて押し込めば、ぴったりフィットするはずです。

なお、LEDは極性があるため、純正バルブと違いプラスマイナスの向きが存在します。二度手間を避けるためにも、カバーを戻す前には必ず点灯するか確認するようにしましょう。

■「LED」おすすめ記事
LEDライトは信頼できるブランドにこだわるべし
100均の充電ライターをLEDライトにDIY改造
相手を傷つけずに撃退できる護身用ライトとは?
LEDライトおすすめ価格帯はホットな1万円以下

■「ライト」おすすめ記事
赤外線ライトを100均の懐中電灯を改造して作る
赤外線ライトで誰にも気づかれずに暗視をする

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事