ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC休日割引「対象外」になる意外な落とし穴?

「ETC」は高速道路を活用するのにいまや欠かせない存在。最大のメリットは、ETC限定で料金が安くなるサービスでしょう。土日祝日が対象の「ETC休日割引」、0~4時の走行が割引される「ETC深夜割引」などさまざまです。ただし、ETC休日割引には「対象外」となる意外な落とし穴があるのでした。


ETC休日割引「対象外」になる意外な落とし穴?

ETC割引の対象となる通行料金の車種

ETC割引の対象となる高速の通行料金は、自動車の大きさに応じた「車種」で変わります。NEXCO3社では、小さい順に「軽自動車等・普通車・中型車・大型車・特大車」という5区分を採用。首都高速や阪神高速といったその他の会社・道路公社も、この5区分に揃えるところが多くなっています。

この車種区分は「普通自動車免許」など運転免許の種類とは異なるもの。例えば、軽自動車等は軽自動車・自動二輪車に適用される車種で、普通車には3ナンバー・5ナンバーの乗用車と4ナンバーのバン・トラックが該当します。

また、中型車は車両総重量8t未満・最大積載量5t未満のトラックとマイクロバス、大型車は車両総重量25t未満のトラックと中型バス・路線バスになります。大型車に収まらないトレーラーや大型バス・大型特殊自動車が特大車扱いです。

車種ごとの通行料金は、当然ですが自動車が大きくなるほど高くなる仕組みになっています。具体的には「軽自動車等<普通車<中型車<大型車<特大車」という通行料金です。

ETC休日割引対象外になる車種がある

ここで注意しなければならないのが「ETC休日割引」は、軽自動車等と普通車のみが対象ということです。一方で「ETC深夜割引」は、すべての車種が対象になっています。

ETC休日割引は、土曜・日曜・祝日に大都市近郊区間以外の路線を走行した場合、通行料金が30%割引になるサービス。ビジネス向けというよりは、レジャーで週末に自動車を使うドライバー向けです。ところが、車種区分を考えた場合、レジャーであっても利用できないケースが出てきます。

例えば、トヨタ・ハイエースや日産・NV350といった「大型バン」のなかには、1ナンバー車になっているモデルがあります。こうした場合、高速道路では中型車扱いとなり、ETC休日割引を受けることができません。また、税金対策のために改造して1ナンバー車にした自動車も同様です。

このほか、けん引するタイプのキャンピングカー「キャンピングトレーラー」も要注意。普通車に1軸のキャンピングトレーラーを取り付けた場合は中型車、2軸では大型車扱いとなり、それぞれETC休日割引対象外なのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事