ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC深夜割引で対象外になりがち失敗パターン3つ

深夜に高速道路を走ると30%オフになる「ETC深夜割引」は、大型トラックを含む全車種が対象なだけでなく、東京や大阪の近郊でも割引になるお得なサービスです。とはいえ、0~4時の対象時間帯を外すとETC深夜割引を受けられず、高い高速料金を払う羽目に…。それを防ぐために大切なのが、しっかりとした時間調整です。


ETC深夜割引で対象外になりがち失敗パターン3つ

ETC深夜割引は車種と路線が幅広い

NEXCO3社がETC限定で行っている「ETC深夜割引」は、0~4時に高速道路上を走行した場合に通行料金が30%オフになるサービス。ETC休日割引や平日朝夕割引と違い、ETC深夜割引は全車種で利用可能で、東京・大阪近郊に設定された「大都市近郊区間」もほとんどが対象路線となります。

NEXCO3社路線でETC深夜割引対象から外れるのは、京葉道路・東京湾アクアライン・第三京浜・横浜新道・横浜横須賀道路・第二神明道路・関門トンネルの7路線。このうち、東京湾アクアラインはアクアライン割引が優先されることが理由で、関門トンネルはそもそもETC利用に対応していないため対象外となっています。

0~4時に高速道路を走行するといっても必ずしも高速道路上を運転し続ける必要はありません。SAやPAで休憩している間も走行時間に含まれます。例えば、23時30分にSAへ入り5時間仮眠をとり翌4時半に再出発したケースもETC深夜割引の対象です。

ETC深夜割引は都心から離れたSAで調整

ETC深夜割引を受けようとしたものの、実は割引対象外になる失敗パターンで多いのが、入口料金所の通過が4時を回ってしまうケース。とくに、4時近くは高速道路に接続する一般道が混雑するため、その影響でETC深夜割引に間に合わないケースがおきやすくなります。

そこで、深夜から早朝でのドライブでETC深夜割引を確実に受けるためには、余裕をもって出発することが大切です。逆に、夜間から深夜の走行であれば、0時より前に出口料金所を通過しないよう注意しなければなりません。こちらは、SA・PAを活用して時間調整をすることがポイントです。

しかし、ETC深夜割引を受けたいと考えるドライバーは多く、とくに東京都心に近いSA・PAでは22時を過ぎると深夜割引待ちの自動車であふれ駐車できずに結局、出口ICへ0時前に着いてしまうケースも発生。こうした事態は、22時過ぎでも駐車スペースに余裕がある、東京都心から離れたSA・PAを利用することで避けられます。


ETC深夜割引は本線料金所に注意する

また、ETC深夜割引では本線上やJCTにある料金所の通過も要注意ポイント。というのも、本線料金所を通過する際に前後が連続走行扱いとならないケースがあるためです。このような本線料金所はNEXCO西日本に多く、第二京阪道路の巨椋池料金所や吹田JCTで中国道・名神高速と近畿道を乗り継ぐケースなどが該当します。

例えば、山陽道の岡山ICから中国道経由で吹田JCTから近畿道へ抜けた場合、近畿道のICを0時以降に出た場合でも、吹田JCTの通過が0時以前であれば山陽道・中国道の部分はETC深夜割引の対象外。NEXCO東日本路線の場合、外環道との接続JCTや札幌近郊の本線料金所が同様の扱いです。

また、NEXCO中日本路線では名古屋第二環状道路と東富士五湖道路が要注意ポイント。名古屋第二環状道路の場合、入口ICの通過時刻でETC深夜割引を判定。東富士五湖道路では、各料金区間ごとに時刻判定が行われるほか、接続する中央道とも別走行扱いとなります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事