ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

年度末で失効「ETCマイレージ」ポイントとは?

いよいよ年末が近いていきて、忙しさに拍車がかかっているという人も多いはず。しかし、忙しさの中で忘れてはならないのが「ETCマイレージ」で貯めたポイントの有効期限です。実は、ETCマイレージのポイントは無期限ではなく翌年度末まで。年度末まで残り3か月、ポイントが残っている人は忘れず交換しましょう。


年度末で失効「ETCマイレージ」ポイントとは?

ETCマイレージは会員登録でポイント

「ETCマイレージ」は、支払った高速道路の通行料金、通行回数に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントを通行料金分として還元できる仕組み。NEXCO3社(仙台松島道路を含む)のほか、本四高速・名古屋高速・愛知県道路公社(一部対象外)・神戸市道路公社・広島高速・福岡北九州高速が対象になります。

ただし、ETCマイレージのポイントを貯めるには、あらかじめ会員登録が必要です。そして、貯まるポイントは高速道路会社で異なっています。

具体的には、NEXCO3社と本四高速が10円=1ポイント、名古屋高速・愛知県道路公社・広島高速・福岡北九州高速については100円=1ポイント、神戸市道路公社は50円=3ポイントが基本。さらにNEXCO3社と本四高速以外の会社では、月額5000円以上の利用で割増ポイントが付きます。

貯まったポイントはNEXCO3社はまとめて集計、その他各社は会社別に集計。そして、ポイントは交換手続きを行うことにより、ETCカードで使える通行料金として還元される仕組みです。

ETCマイレージのポイントに有効期限

ETCマイレージで注意したいのは、ポイントには有効期限があること。獲得したポイントは、翌年度の3月までが有効期限です。例えば2020年3月に貯めたポイントの有効期限は2021年3月31日、つまり今年度末までとなります。

ETCマイレージを通行料金に還元する手続きには2種類あり、ひとつはWebサイトから自分で手続きする「手動還元」、もうひとつは自動的に還元される「自動還元」です。自動還元を設定すると、NEXCO3社と本四高速は5000ポイント、その他各社は1000ポイントで通行料金へ交換されます。

自動還元は便利ですが、交換ポイント数は固定制。一方、手動交換ではNEXCO3社と本四高速は1000ポイント、神戸市道路公社は200ポイント、その他各社は1000ポイントから交換可能です。


ETCマイレージのポイントを手動還元

NEXCO3社と本四高速の場合、1000ポイントで交換すると500円なのに対し、3000ポイントは2500円、5000ポイントは5000円と、まとめて交換した方が得する仕組み。とはいえ、期限切れで失効しては意味がないので、3月末失効のポイントは1000ポイント単位でも手動還元しておくべきでしょう。

また、NEXCO3社と本四高速以外の会社のポイント交換は、神戸市道路公社が200ポイント=100円分、その他各社は100ポイント=100円分とレートが固定。まとめて変えるメリットがありません。このため、自動還元ではなく、少しでも貯まったらポイント交換する利用法がおすすめです。

なお、ETCマイレージのポイントから還元された通行料金分は、有効期限はありません。ETCマイレージを退会しない限り、この通行料金分は高速道路利用時に優先的に利用されていく仕組みです。

■「ETC割引」おすすめ記事
ETC限定の「休日割引」は高速が最大50%オフ

■「ETC」おすすめ記事
ETCの履歴を盗み見る方法とその防衛策とは?
ETCポイントを車載器なしで貯める方法がある?
ETCを利用して高速が乗り放題になる方法がある
高速ETC深夜割引にSA内で泊まれるホテルを活用
ETC2.0は車載器が高い分のメリットはあるのか?

■「高速道路」おすすめ記事
高速道路は財布を忘れたら料金を後払いできる?
有料の高速道路になぜ無料区間が存在している?
高速道路の無料区間を有効活用しない手はない
交通機動隊と高速隊の取り締まり任務の違いとは

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事