ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

高速代50%オフ「ETC平日朝夕割」を通勤に活用

緊急事態宣言の地域が広がる中、政府からもなるべく移動を控えるようにとの要請が出されています。とはいえ、どうしても何十kmの距離を通勤しなくてはいけない人もるでしょう。そんな時に活用したいのが、電車でなくクルマ。平日の朝と夕方の高速料金が最大半額まで割引になる「ETC平日朝夕割」というサービスがあります。


高速代が50%オフ「ETC平日朝夕割」通勤に活用

ETC平日朝夕割は月10回以上で50%オフ

「ETC平日朝夕割」は、高速道路を6~9時・17~20時に走行した場合、最大100km分まで毎月の利用回数に応じ、翌月20日に通行料金として還元されます。NEXCO3社と本四高速が実施しているものです。

利用回数は毎日朝と夕方それぞれ1回までをカウントし、1日最大2回です。還元率は月6~9回利用で30%、10回以上では50%。還元された通行料金で走行した分も割引対象となるため「還元率=割引率」となります。なお、NEXCO3社はまとめて回数計算しますが、本四高速は別計算です。

ただし、東京・大阪周辺の大都市近郊区間と東京湾アクアライン・関門トンネル・沖縄道はETC平日朝夕割の対象外。大都市近郊区間とそれ以外の区間(普通区間)を連続走行する場合、普通区間のみが対象です。例えば、本庄児玉IC~所沢ICでは本庄児玉IC~東松山ICまでがETC平日朝夕割の割引対象となります。

ETC平日朝夕割は事前の会員登録が必要

ETC平日朝夕割には注意点が2つあります。1つは、ETCマイレージへの会員登録が必要なこと。登録自体は無料で、その際ETCカード番号とETC車載器をセットアップしたときの「車載器管理番号」「ナンバープレート情報」「車検証上の自動車使用者」の3点セットが必要です。

もう1つは、6~9時・17~20時に自動車が対象路線内にいること。この時間判定については、大都市近郊区間走行分も含まれる仕組みです。例えば、所沢ICを8時30分に乗って本庄児玉ICを9時15分に降りたケースでも、東松山IC~本庄児玉ICはETC平日朝夕割の対象です。

ただし、ETC平日朝夕割の時間判定について例外が1つあり、それが東京外環道です。例えば、草加ICを8時50分に出発し大泉JCTを9時10分に通過、10時に本庄児玉ICで降りるといった走行では、東京外環道を走行した時間帯だけがETC平日朝夕割対象。ETC平日朝夕割は東松山IC~本庄児玉ICへは適用外となるのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事